peace and love
Peace And Love / Tommy Sims
 Universal '00 

作曲家、プロデューサー、アレンジャー、プレイヤーとして、ゴスペル畑からポップ・フィールドへと活動の場を広げていったミュージシャン、トミー・シムズ。
シンガー/アーティストとしての彼は知る人ぞ知る存在かもしれないが、何よりもエリック・クラプトン「Change The World」の共作者として名を残す人。マイケル・マクドナルドやマイケル・ボルトンなどのプロデュースもやっているようで、ソウルやR&Bの枠に囚われず幅広く活動してきた。

そんな彼が、ネオソウル隆盛の最中となる2000年にリリースした唯一のリーダー作が本作『Peace And Love』。ナッシュビル出身だけあって、ここで聴けるのは南部の土臭さが薫るカントリー風味を塗したソウル・ミュージックを軸に、ニュー・ソウル的なメロウでファンキーなグルーヴも織り交ぜたサウンド。ドラム・プログラミングは一切無しの完全生ソウル・サウンドだが、古臭い感じはなくイイ塩梅にアーバナイズされているように思う。

本作でもギター、ベース、キーボードなど多くの楽器を自身で演奏するトミーだが、何よりも際立つのはやはりソングライターとしての才。おそらくスティーヴィー・ワンダーからの影響が大きいと思われ、本作も曲は粒揃いで文句のつけようがない。が、グルーヴのある曲はいいが、バラード曲になるとやや白っぽくなる傾向も見られ、敢えて言えばそこらがソウル耳的にはマイナスポイントかもしれない。
シンガーとしてもなかなかの実力で、節回しなどにはやはりスティーヴィーっぽさが垣間見える瞬間もあったりするが、やはりスティーヴィー・チルドレンであるエリック・ベネイあたりに近い印象を受ける。
かなりの力作だが、どうやらセールス的には振るわなかったようで、コレ1枚きりでまた裏方へと戻ってしまったのは残念。

アコギとハーモニカが土臭く温かいカントリー・ソウル「Which Way」からアルバムはスタート。「100」はズッシリ重たいボトムのミッド・ファンクで、曲終盤はゴスペルっぽく盛り上がる。
本作のハイライトとなる「A New Jam」は、荘厳なストリングス・アレンジを伴った70年代ニュー・ソウルにダイレクトに繋がるムードを持ったナンバーで、どこかボビー・ウォマックの名曲「You're Welcome, Stop On By」を思わせたり、あるいは歌詞にも折り込まれているマーヴィン・ゲイ「What's Going On」ぽかったり。
これもストリングスが宙を舞う爽快なファンク・ダンサー「When You Go」、スティーヴィー・ワンダーがハーモニカで参加した「Summer」は、曲調もサウンドもこれはまるでスティーヴィーの「Big Brother」みたい。ネイキッドでソウルフルな歌唱がエリック・ベネイにも負けていないバラード「Write One This Way」、アコースティックなほんわかミディアム・ソウル「Alone」、「The Way It Used To Be」もアコースティックな肌触りのスロウ。

弾むようなリズムに乗って歌われるポップな「Comin' Home」、重苦しい雰囲気漂うメッセージ・ソング「The Ballad Of Sophie」、真摯なピアノ・バラード「It Don't Matter To The Sun」、美しも物悲しいストリングスに導かれる8分にも及ぶ大作バラード・ナンバー「Love's Patience」は、曲後半の大仰なオーケストラ・アレンジはちょっとヤリ過ぎか。
アルバム・タイトル曲「Peace And Love」は、「A New Jam」同様のニュー・ソウル・テイストのミディアム・スムーヴで、やはりこういう曲の気持ちよさは格別。曲後半はゴスペル・クワイアを伴って熱く厚く盛り上がる。アルバム・ラストはオープニング・ナンバーの続編となる「Which Way Part Two」でシメ。