apostles
The Apostles
 EMI '76 

70年代後半から80年代前半にかけて7枚のアルバムをリリースしたナイジェリアの7人組バンド、アポストルズ。
この時代のナイジェリアには、フェラ・クティの後を追った優秀なファンク・バンドが一体どれだけいたのかと思わされるが、このアポストルズの1stアルバムとなる本作もなかなかのアフロ・ファンク良盤。

アルバムのオープニング・ナンバー「Never Too Late」は、転がるようなドラムに歪んだファズ・ギターとチープなオルガンが絡む、グルーヴィーなアフロ・ファンク・チューン。
大陸的な大らかなムードの「Play Girl」、オルガンが呪術的なフレーズを垂れ流すアフロ・ファンク「Inflation」、「Trust In God」はツイン・ヴォーカルで聴かせるアフリカン・ポップ好曲。

「Highway To Success」もオルガンがウネウネと這いずりまわるアフロ・グルーヴ。グルーヴィーに駆けるファンキー・チューン「Mr Guest Of Honour」、ドラムスとベースがタイトなグルーヴを繰り出す「Don't Worry」、ラストの「Good Encouragement」もグルーヴィーにウネり続けるアフロ・ファンク・ナンバー。