FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

2015年05月

Keep On Bumpin' & Masterplan/Kaygee's Gang '74 ケイジーズはクール&ザ・ギャングのロバート&ロナルド・ベルの実弟、ケヴィン・ベルを中心とするバンド。文字通りクールの弟分的なバンドだが、このジャケットがやたらカッコいい1stアルバムは、ロナルド・ベル&クール ...

Graffiti Bridge/Prince Warner '90 80年代に輝かしい足跡を残したプリンスが、90年代の一発目にリリースした12thアルバム。正直に言えば、当時、このアルバムを聴いて随分複雑な気持ちになった。80年代には、誰も寄せ付けないような孤高の音楽をつくっていたプリンスが、 ...

Soul Heart Transplant:The Lamp Sessions/Ebony Rhythm Band Now-Again '04インディアナ・ポリスのローカル・レーベル、ランプに残された、エボニー・リズム・バンドのレア音源+別名義(別グループ?)の音源を加えた編集盤。70年前後の録音と思われるが、スライやミータ ...

Tower Of Power  Warner '73タワー・オブ・パワーが大きな飛躍を遂げた3rdアルバム。本作から、レニー・ウィリアムズ、チェスター・トンプソン、ブルース・コンテ、レニー・ピケットが加わり、バンドのベスト・メンバーが揃った。この面子で録音されたのは本作と次作『Bac ...

The Funky 16 Corners Stones Throw '01 ストーンズ・スロウからリリースされた、レア・ファンク・コンピレーションの決定打とでも言うべき傑作選。ファンク番長・イーゴンによりコンパイルされた本盤は、駄曲無しどころか全曲大当たり。とにかく黒く土臭いキラー・ファン ...

Flying Start/The Blackbyrds Fantasy '74ドナルド・バードが教鞭を取る大学の教え子達により結成されたバンド、ブラックバーズ。バンド名はもちろんバードの73年の傑作『Black Byrd』から取られたもの。本作はバードのプロデュースによる2作目で、人気のジャズ・ファンク ...

New World Order/Curtis Mayfield WEA '96ステージでの照明落下事故から奇跡の復活を遂げたカムバック作、にして結果的に遺作となったアルバム。半身麻痺の車椅子生活を余儀なくされ、以前のようにギターを弾くことも、歌うことさえ叶わない、そんな苦境に身を置きながらこ ...

Maggot Brain/Funkadelic Westbound '71 初期ファンカデリックの代表作『Maggot Brain』。ブラック・ロック/サイケデリック・ファンク名盤の誉れ高いアルバムだが、魑魅魍魎が蠢くドス黒い闇に覆われた1stや、アシッドがキツ過ぎてブッ壊れてる2ndなんかに比べると、この ...

Inspiration Information/Shuggie Otis Epic '74偉大なブルース・ミュージシャンにしてR&B黎明期の巨人、ジョニー・オーティスを父に持ち、若干15歳にしてアル・クーパーとの共演盤でデビューした早熟なギタリスト、シュギー・オーティス。その後、ソロ・アルバムを3枚出し ...

Southern Funkin' Louisiana Funk And Soul 1967-1979 BGP '05英BGP編纂のルイジアナ産ファンク集。ルイジアナのファンクというとニューオリンズを連想しがちだが、本作ではニューオリンズを敢えて外している。60年代末~70年代前半の音源が中心ということで、やはり例に ...

Brother,Brother,Brother/The Isley Brothers T-Neck '72『3+3』でファンク・バンドとして大きく舵を切る直前の、アイズレー・ブラザーズによるニュー・ソウル作。前作『Givin' It Back』同様に、同時代のポップ/ロック曲のカバーを多く含む構成。この頃は、ダニー・ハサ ...

Now Appearing/LA. Connection MCA '82ルイジアナ出身のファンク・バンドの唯一のアルバム。ラリー・ブラックモン・プロデュース、キャメオのメンバーが全面参加ということで、アルバムは金太郎飴の如くどこをどう切ってもキャメオ印。弾力に富むリズムとソリッドなファン ...

The Way I Feel/Remy Shand Motown '01「21世紀のマーヴィン・ゲイ」なる触れ込みでデビューしたカナダ出身の自作自演派白人アーティスト、レミー・シャンド。マーヴィン没後、マーヴィンの名前を引き合いに語られてきた男性シンガーの多くが、そのセクシャルなイメージ、 ...

Electric Funk/Jimmy Mcgriff Blue Note '69ドス黒く脂ぎったオルガンを弾かせたら当代随一のオルガン奏者、ジミー・マクグリフのブルー・ノートからの人気作。マクグリフのオルガンがイカすのはもちろんのこと、このアルバムでは太いドラムスの鳴りがファンキーでカッコい ...

Has Arrived/The Whole Darn Family Soul International '76ジャケットが何ともイカす、レア・グルーヴ定番。何と言っても目玉は「Seven Minutes Of Funk」だが、しぶといベース・ラインにスペイシーなシンセが乗る傑作ファンクだ。再発盤CDにボーナス・トラックとして収録 ...

Mutiny On The Mamaship/Funk Plus The One(Expandend Edition)/Mutiny Funkytowngrooves '15ミューティニーの79年、80年作に9曲のボーナス・トラックを追加したリマスター2CD。9曲のうち7曲が未発表曲とのことだが、UKのシーケルから出たベスト盤にて既出の曲もある模様。 ...

Danger/The Lijadu Sisters Afrodisia '76ナイジェリアの双子姉妹によるデュオ、リジャドゥ・シスターズ。70年代後半に4枚のアルバムをリリースしていて、当時ナイジェリア国内では高い人気を博していたグループのようだ。本作は彼女達の1stアルバム。チープなイラスト・ジ ...

Black Rhythm Revolution!/Idris Muhammad Prestige '71 数多のセッションでプレイしたジャズ・ドラマー、アイドリス・ムハンマドの、プレスティッジからリリースしたリーダー作。例えばバーナード・パーディーのように、何か突出した個性を持っているわけではないように ...

Darkest Light  The Best Of/Lafayette Afro-Rock Band Strut '09 ニューヨークで結成され、後にパリに活動の拠点を移したバンド、ボビー・ボイド・コングレスを前身に持つラファイエット・アフロ・ロック・バンド。リーダーのボビー・ボイドがバンドを脱退、アメリカに ...

The Burning Of Atlanta/The Spirit Of Atlanta Buddah '73 トミー・スチュワートを中心に、アトランタのミュージシャンが集まって結成されたスピリット・オブ・アトランタ。パーマネントなバンドというよりも、プロデューサーであるスチュワートのプロジェクト的な色合い ...

↑このページのトップヘ