FUNK OF AGES

Dirty Funk & Groovy Soul Disc Review

2015年12月

U.S. Music with Funkadelic Westbound '09 ゲイリー・シャイダー、コーデル・ブギー・モッソンを輩出したU.S.(=United Soul)。ゲイリーとブギーはもともと子供時代にクリントンの床屋に出入りしていたようで、72年の『America Eats Its Young』あたりからファンカデリッ ...

Livin' Large / EU Virgin '89 80年代のGo-Goブーム時に、トラブル・ファンクと共にオーバー・グラウンドに浮上してきたバンド、EU。その一時のブームもすっかり冷めた89年にリリースされた本作『Livin' Large』は、Go-Goに軸足を置きながらも、R&Bやニュー・ジャック、ヒ ...

Earth,Wind & Fire Warner Bros '71アース・ウィンド&ファイアの記念すべきデビュー作。とは言っても、ここでのアースは、コロンビア移籍後のアースとはほぼ別のバンドだ。モーリス・ホワイトはコロンビア移籍の際にメンバーを全員クビにし、フィリップ・ベイリーやヴァー ...

Done By The Forces Of Nature / Jungle Brothers Warner Bros '89 アフリカ・ベイビー・バンバータ、マイクG、サミーBの3人からなるジャングル・ブラザーズの2ndアルバム『Done By The Foeces Of Nature』。コレを買ったのは90年頃なので、ほぼリアルタイムで聴いたこと ...

Can You Feel It / S.O.U.L. Musicor '72 ラリー・ハンコック擁するファンク・バンド、Sounds Of Unity and Love = S.O.U.L.の2ndアルバム。何ともイナタいジャケットも最高な本作は、1st『What Is It』と共にファンク/レア・グルーヴ名盤として名高い。太いグルーヴを ...

Short Eyes / Curtis Mayfield Curtom '77 70年代前半にはニュー・ソウル傑作を連発したカーティスも、75年の『There's No Place Like America Today』を最後に社会派路線から撤退、以降の作品は甘いラヴソング中心。それでも『Give,Get,Take And Have』『Never Say You C ...

Alone / Stephen Simmonds Tristar '97 スウェーデン出身、ジャマイカとスウェーデンのハーフだというスティーヴン・シモンズ。デビュー作となる本作『Alone』は本国スウェーデンと日本でリリース。スティーヴィーやプリンス、ボブ・マーリーに影響を受けたというサウンド ...

Sum Of The Parts / Larry Ridley Strata-East '75 ジャズ・ベース奏者、ラリー・リドリーがストラタ・イーストに残したリーダー作。コーネル・デュプリー、ソニー・フォーチュン、グラディ・テイトらがバック・アップした本作は、このレーベルらしいスピリチュアルなムー ...

Come Into Knowledge / Ramp ABC '77 オハイオ出身の男女混成5人組グループの、ロイ・エアーズ・プロデュースによるレア・グルーヴ定番アルバム『Come Into Knowlege』。もともとはサタデー・ナイト・スペシャルというトホホな名前で活動していたバンドのようだが、ロイ・ ...

Help Us Spread The Message / Mighty Ryeders Sun Glo '78 マイアミ出身の8人組ファンク・バンド、マイティー・ライダースの唯一のアルバム『Help Us Spread The Message』。レア・グルーヴの大定番として知られる本作は、あまりマイアミらしさは感じられないが、独特の ...

Toussaint / Allen Toussaint Scepter '70 先日惜しくも亡くなった、ニューオリンズの巨人、アラン・トゥーサン。遅ればせながら追悼の意を込め、リーダー作やミーターズ、Dr.ジョンの作品など、数少ない手持ちのアルバムを改めて聴き返してみたが、その作曲家/アレンジ ...

↑このページのトップヘ