FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

2016年05月

We Can't Go On Meeting Like This / Hummingbird A&M '76 ハミングバードはファンク/ソウル/ジャズに傾倒したUKのロック・バンド。メンバーはブラック・ミュージック・リスナーには馴染みのない名前ばかりで、各人がそれぞれ並行してバンド外の音楽活動を行っていたた ...

The Young Mods' Forgotten Story / The Impressions Curtom '69 カーティスのソロ転向前年にリリースされた『The Young Mods' Forgotten Story』。カーティス在籍時のインプレッションズのアルバムとしてはラス前の作品。ここで聴けるのは、ソロ1stアルバム『Curtis』と ...

There's Nothing Like This / Omar Talkin' Loud '91 ジャマイカ系イギリス人アーティスト、オマーのデビュー作『There's Nothing Like This』。当時隆盛を誇ったUKアシッド・ジャズの最重要レーベル、トーキン・ラウドからリリースされた本作は、日本でも音楽誌を中心に ...

Love Symbol / Prince & The New Power Generation Paisley Park '92 『Lovesexy』でプリンス・デビューをして以来、毎年リリースされる新作をいつも楽しみにしていたが、91年の『Diamonds And Pearls』でプリンス熱もすっかり落ち着いてしまっていた。当時は、個人的には ...

Brick Bang '77 アトランタの最重要ファンク・バンド、ブリック。イナタ過ぎるジャケットもこのバンドらしい2ndアルバムとなる本作は、1st『Good High』と並ぶ彼らの代表作。前作からは、ディスコ+ジャズの造語ながらディスコ・ミュージックとは一線を画す骨太ファンク「 ...

Be Thankful For What You Got / William Devaughn Roxbury '74 ウィリアム・ディヴォーンの名前を初めて知ったのは、マッシヴ・アタックの『Blue Lines』に収録されていた「Be Thankful For What You Got」のカバーを聴いた時だった。この曲をタイトルとするディヴォーン ...

Behold The Mighty Army / New Birth Warner Bros. '77 大型ファンク・バンド、ニュー・バースは結構な枚数のアルバムを残しているが、なかでも代表作と目されるのが本作『Behold The Mighty Army』。手堅いバンド・サウンドで繰り出すファンク・チューンと、ファンク・バ ...

Crying For Love / Bridge FER '99 77年にノーマン・コナーズ・プロデュースによるアルバム『Sharing』1枚を残すソウル・グループ、ヴァイタミンE。そのメンバーであったドラマー、ポール・ティルマン・スミス関連の音源としては、個人的にお気に入りのベイエリア・ファン ...

Moon Shadow / Labelle Warner Bros. '72 パティ・ラベル、ノナ・ヘンドリクス、サラ・ダッシュからなる女性3人組グループ、ラベル。アラン・トゥーサン・プロデュースの特大ヒット「Lady Marmalade」が何と言っても有名だが、本作『Moon Shadow』はそれ以前にリリースさ ...

One Nite Alone... Live! / Prince & The New Power Generation NPG '02 "One Nite Alone..."ツアーの模様を収めた、プリンスの貴重な公式ライヴ・アルバム。ライヴ本編の2CDと、アフター・ショウを収録した1CDをセットにしたボックス・セットとして発売されたものだが、 ...

Hell / James Brown Polydor '74 『Get On The Good Foot』『The Payback』と、大作志向の2枚組アルバムを連発した70年代前半のJB。本作『Hell』も懲りずに2枚組。だが、単調でやや水増し感のあった先の2作と比べると、本作は展開に起伏があり飽きさせないつくりの好盤。 ...

Chicken Lickin' / Funk Inc. Prestige '72 オルガン奏者、ボビー・ワトリーを中心に結成された5人組ジャズ・ファンク・グループ、ファンク・インクの2ndアルバム『Chicken Lickin'』。このバンドのアルバムはどれを聴いても似たような感じではあるけれど、最初の2枚は聴 ...

Boscoe Kingdom Of Chad '73 シカゴのサウスサイドで結成された6人組のファンク・バンド、ボスコー。唯一のアルバムとなる本作は、ドロドロにぬかるんだ真っ黒けのファンク/レア・グルーヴ・アルバム。ジャズやアフリカも飲み込んだ呪術的で怪しげなムード、へヴィーにウ ...

Symbolic Beginning Volume 2 / 94 East featuring Prince Digital Media Labo '98 デビュー前のプリンスが一時在籍したバンド、94イーストの発掘音源集第2弾。ここに収められている曲第1集と同じく75年~76年頃に録音されたものと思われるが、第1集よりも心持ちファンキ ...

Symbolic Beginning Volume 1 / 94 East featuring Prince Digital Media Labo '98 94イーストはプリンスの親戚筋にあたるぺぺ・ウィリーのバンド。本作はその94イーストの、75~76年頃に録音されながらも未発表となっていた蔵出し音源集。当時16~17歳のプリンスはワーナ ...

The World's Rarest Funk 45s Jazzman '06 ファンクからクラブ・ミュージック、ラテン音楽まで幅広くクリエイトする、プロデューサー/ミュージシャンのクアンティックことウィル・ホランドがジャズマンと組んでリリースしたレア・ファンク・コンピレーション『The World' ...

Once In A Lifetime / Family Underground BBQ '09 ニューオリンズのマイナー・ファンク・バンド、ファビュラス・ファントムズは、60年代末から70年代前半まで活動を続けるも、アルバム・リリースには辿り着けなかった、この時代には星の数ほどいた不遇なバンド。そのファ ...

MTV Unplugged / Maxwell Columbia '97 デビュー作『Urban Hang Suite』で大きな反響と高い評価を得たマックスウェル。本作はその『Urban Hang Suite』の曲を中心としたMTVの名物企画『Unplugged』のライヴ盤。企画の性質上、アコースティックなサウンドであるのだが、こ ...

East Bay Grease / Tower Of Power San Francisco '70エミリオ・カスティーヨを中心に結成されベイエリアで活動していたバンド、モータウンズが、バンド名をタワー・オブ・パワーに変え、フィルモアのオーナーであるビル・グラハムの主宰するレーベル、サンフランシスコか ...

↑このページのトップヘ