FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

2017年10月

Black Feeling Freestyle '07 この『Black Feeling』は、オーストラリアの現行ディープ・ファンク・バンド、バンブースのギタリスト、ランス・ファーガソンの仕切りのもと、有名・無名問わずヴィンテージなファンク/ジャズ・ファンク/レア・グルーヴ・ナンバーをカバーす ...

Live At The Bitter End 1971 / Donny Hathaway Rhino '14 2013年にリリースされた4枚組ボックス・アンソロジー『Never My Love : The Anthology』のディスク3に収録された、71年ビター・エンドでのライヴ音源が、翌2014年になってアナログ2枚組で限定リリースされたのが ...

Sunrize Boardwalk '82 分裂直前のアイズレー・ブラザーズがプロデュースしたバンド、サンライズの唯一のアルバム。80年代のアイズレー作品やツアーでサポートをしていたドラマー、エヴェレット・コリンズを中心に、後にサーフィスを結成しクロスオーバー・ヒットを飛ばす ...

Closer To The Source / Leroy Hutson Curtom '78 シカゴの才人、リロイ・ハトソンのカートムからの最終作『Closer To The Source』。2ndアルバム『The Man』のジャケットに、"Writer / Producer / Artist / Superstar!!"と書き記していたハトソンは、シンガーというよりも ...

Dah Shinin' / Smif-N-Wessun Wreck '95 ニューヨーク・アンダーグラウンド随一のハードコア集団、ブート・キャンプ・クリックからブラック・ムーンに次ぐ第2の刺客として登場した2MC、スミフン・ウェッスンの傑作『Dah Shinin'』。イーヴィル・D、Mr.ウォルトらからなる ...

The Kids & Me / Billy Preston A&M '74 ビートルズやローリング・ストーンズのサポートと並行して、自身のソロ・アルバムも数多くリリースしたビリー・プレストンの、最大ヒットとなったのが74年の傑作『The Kids & Me』。それまでのキャリアで培った幅広い音楽性をセン ...

The New Zapp Ⅳ U / Zapp Warner Bros. '85 バンドの肉体的なグルーヴとクールなシンセサイザーを融合し、ソウルフルな肉声とトークボックスをレイヤーした極上の80'sファンク・サウンドを生み出したザップ/ロジャー。特に80年代前半の作品、ザップの1st、2nd『Ⅱ』、3r ...

The Truth Volume One / Frank McComb Expansion '03 ボビー・ウォマックと同じオハイオ州クリーヴランド出身のシンガー/鍵盤奏者、フランク・マッコム。いわゆるネオ・ソウル系のアーティストだが、本作のジャケットが何をか況や、そのヴォーカルや楽曲から匂ってくるの ...

初期パーレットのメンバーだったデビー・ライトが亡くなった。パーレットの3枚のアルバムのうち、デビーがメンバーとして参加しているのは78年の1st『Pleasure Principle』の1枚のみ。だが、75年~78年のPファンク全盛期に、実は彼女は重要な役割を果たしたのではないか、と ...

Live In Philadelphia 1975 / Allen Toussaint Warner Bros. '16 2003年リリースの2枚組CD『The Complete Warner Recordings』に収録されていた、1975年の蔵出しライヴ音源を、2016年になってアナログ・リリースしたのが本作。75年ということは、名盤『Southern Nights』 ...

Iconic : Message 4 America / Sheila E. Stilettoflats Music '17 80年代後半、プリンスの革命を支えた功労者の1人、シーラE。90年代以降はプリンスと袂を分かったが、歳を取って殿下も丸くなったのか、シーラも殿下を許したのか、21世紀に入ってからは徐々に関係が改善 ...

Sophisticated Funk / Jack McDuff Chess '76 貞操帯ジャケットが強烈過ぎる、ジャック・マクダフの76年作『Sophisticated Funk』。コッテコテにブルージーなオルガン奏者という印象のマクダフだが、本作では全編でエレピやフェンダー・ローズを演奏し、タイトルどおり洗 ...

Magicians Holiday / The Gap Band Shelter '74 「Burn Rubber On Me」「You Dropped A Bomb On Me」といったファンク・ナンバーや、「Yearning For Your Love」や「Outstanding」がヒップホップ/R&Bで多数サンプリングされるなど、主に80年代に活躍したファンク・グルー ...

Songs In The Key Of Life / Stevie Wonder Tamla '76 スティーヴィーの作品中、最も人口に膾炙したアルバム『Songs In The Key Of Life』。今更レヴューするのも憚られるような大有名盤。一般的には、スティーヴィーの代表作といえばコレだろうが、個人的には、『Innervi ...

I'm Real / James Brown Scotti Bros. '88 本作は88年のリリースだが、CDを買ったのは90年頃。それまでJBのアルバムは、デパートのワゴン・セールで買った廉価なベスト盤を1枚持っていただけだったので、この『I'm Real』が初めて買ったJBのオリジナル・アルバムというこ ...

Funk Fu Fight 2 Big Cheese '04 コレはフランスのビッグ・チーズなるレーベル発のレア・ファンク・コンピレーション。カンフーに引っ掛けたタイトルとチキンのジャケットの整合性の無さから、あまり期待せずに聴いたのだが、これがなかなかイカツいディープ・ファンク揃い ...

The Band! / Osiris Tomdog '80 DCの重量級ファンク・バンド、オサイリス。1st『Since Before Our Time』、2nd『O-Zone』ともに、Pファンクの衣鉢を継ぐかのようなヘヴィー・ファンクの傑作だったが、3rdアルバムとなる本作『The Band!』も超強力。前作にゲスト参加し、フ ...

Boogie Woogie / Sound Experience Buddah '75 フィラデルフィアの大型ファンク・バンド、サウンド・エクスペリエンス。3枚あるアルバムのうち、唯一CD化されている2ndアルバムの『Don't Fight The Feeling』はなかなかの力作だったが、3rdアルバムとなる本作『Boogie Woo ...

↑このページのトップヘ