FUNK OF AGES

FUNKencyclopedia of FUNKamentalism

2019年12月

早いもので、2010年代もあと数日で終わり。この10年、いやもう20年近く前から、1年間に購入する新譜CDは片手で足りるほどで、新しい音楽はまったくフォローできていない。90年代にはあれほど聴き漁ってたヒップホップも、2000年以降はシーンの動向を追うこともなくなった(た ...

Golden Child / Judith Hill @Gloryhill Music '18 今年も新譜は数えるほどしか買ってないのだが、その中では1番よく聴いたのがこのジュディス・ヒルの『Golden Child』だ。正確には2018年のリリースだが、当初フィジカルの流通が無く、ようやくAmazonで買えたのが今年2月 ...

Live And Lowdown At The Apollo / Marva Whitney King '70 1967年から70年頃にかけて、JBレヴューの歌姫として活躍したマーヴァ・ホイットニー。この期間にマーヴァはソロ・アルバムを2枚リリースしている。うち1枚は69年のシスター・ファンク名盤『It's My Thing』で、 ...

1999 Super Deluxe Edition  (2) / Prince Warner Bros. '19 『1999』スーパー・デラックス・エディションのレヴュー後編。Disc.4  Vault Tracks Ⅱディスク4は82年4月から83年1月までに録音された11曲を収録。M-1. Possessed(1982 Version) 『Purple Rain Deluxe Expa ...

1999 Super Deluxe Edition (1) / Prince Warner Bros. '19 『1999』スーパー・デラックス・エディションは5CD+1DVD、アナログ盤だと10LP+1DVDという凄まじい物量。通常価格約25000円のアナログにはやはり手が出ず、その4割ほどの価格の日本盤CDを購入。何しろ、全65曲、 ...

Live At Home With His Bad Self The After Show / James Brown Republic '19 先日リリースされた、『Sex Machine』のLP2枚目の69年10月1日のオーガスタ・ライヴの拡張&リマスター盤『Live At Home With His Bad Self』。その興奮も冷めやらぬうちに、『Live At Home Wit ...

More Mess On My Thing / The J.B.'s Now-Again '19 2019年のブラック・フライデー/レコード・ストア・デイで2500枚限定でリリースされたJB'sの未発表音源集。2014年のRSDで出た『These Are The J.B.'s』には70年5月~9月にかけて録音された未発表曲4曲が収録されていた ...

Soul Catcher / Olu Gee Street '99 ニューヨーク出身の自作自演派マルチ・ミュージシャン、オルー。いわゆる、ディアンジェロ以降のニュー・クラシック・ソウルの系譜に連なる人だが、彼のデビュー・アルバムとなる本作『Soul Catcher』は、なるほど確かに『Brown Sugar ...

Studio Outtakes / Allen Toussaint Sansu Swamp Fuzz '05 コレは、タイトル及びレーベル面のデザインで分かるとおり、アラン・トゥーサンの72年の名盤『Life, Love And Faith』レコーディング・セッションのアウトテイク音源で、2005年に500枚限定でプレスされた7インチ ...

Let's Talk / Ray Alexander Technique Harlem Sound '74 レイ・アレクサンダー・テクニーク。リリースはこのアルバムと、ここからのシングル「Let's Talk」のみ。ニューヨーク出身ということぐらいしか情報が無く、どういうバンドなのかよく分からない。このアルバムのリ ...

Music - Music / Lloyd Price LPG '76 1950年代から活躍するルイジアナ主審の黒人シンガー、ロイド・プライス。ロックンロール創成期に数多くのヒット曲を世に送り出しているが、60年代半ば以降はシンガーとしての活動はやや低迷していた模様。76年の本作『Music - Music ...

Candy Girl / Mal Waldron Libreville '16 ニューヨーク出身のジャズ・ピアニスト、マル・ウォルドロン。この人についてはよく知らないのだが、50年代から多くのリーダー作をリリースし、またビリー・ホリデイの専属鍵盤奏者としても活動していたとのこと。本作『Candy Gi ...

↑このページのトップヘ