FUNK OF AGES

FUNKencyclopedia of FUNKamentalism

2020/01

Shaft / Bernard Purdie Prestige '73 ソウル/ジャズ・ドラムの東の正横綱、バーナード・パーディー。これまでにパーディーがレコーディングに参加したレコードは、Discogsにデータがあるだけでも約600枚。本人曰く「4000枚以上のアルバムの録音に参加した」とのことだが ...

Erotic City / George Clinton, Parliament, Funkadelic Fox '94 1994年公開の学園モノのコメディ映画『PCU』のサントラに、ジョージ・クリントンはパーラメント、ファンカデリックとの連名で2曲を提供。コレはその2曲をカットした12インチ・シングル。A面にプリンス『Pur ...

Aurra Dream '80オハイオの超重量級ファンク・バンド、スレイヴの中心人物、スティーヴ・ワシントンが手掛けたユニット、オーラ。オーラとしては80年代前半に4枚のアルバムを残しているが、本作はサルソウル傘下のドリームから80年にリリースした1stアルバム。80年というと ...

Bumper To Bumper Soul / Kashmere Stage Band Kram '70 テキサス州ヒューストンのカシミア・ガーデンズ地区にあるカシミア高校吹奏楽部、カシミア・ステージ・バンド。60年代末~70年代前半にリリースした8枚のアルバムは、すべてPヴァインからCD化されているので容易に ...

Fully Exposed / Willie Hutch Motown '73 ソングライター/プロデューサーとしてフィフス・ディメンションやジャクソン5、ソロ初期のマイケル・ジャクソンなど、数多くのヒット曲を手掛けたウィリー・ハッチ。裏方仕事の一方で、ソロ・アーティストとしても69年のRCAから ...

リズム・ボックス使いのファンク・ナンバーをまとめたプレイ・リスト、その2。前回も書いたように、リズム・ボックスを使ったファンク/ソウル曲というのはそう多くない。その先駆者となったのは、ファンク界の巨人スライ・ストーン。以降、リズム・ボックスと格闘した数少な ...

Essential, The Very Best Of... / Terry Callier MCA '98 80年代末頃からUKのレア・グルーヴやアシッド・ジャズのシーンにおいて再評価が進み、98年には『Turn You To Love』以来約20年ぶりの新作『Timepeace』をトーキン・ラウドからリリースしたテリー・キャリアー。ち ...

Togetherness Is Always A Good Venture Tambourine Party Vol.2 / Super Elcados EMI '76 アフリカ随一のファンク大国、ナイジェリアのバンド、スーパー・エルカドス。70年代後半にアルバムを3枚リリースしているようだが、本作『Togetherness Is Always A Good Venture ...

The Word/Sardines / The Junkyard Band Def Jam '86 ワシントンDCのGo-Goバンド、ジャンクヤード・バンドは1980年に結成。結成当初のメンバーの年齢は8歳から13歳で、楽器を購入する金が無いため、バケツや鍋、フライパンなどを叩いて演奏していたとのこと。地元の学校や ...

Bazerk, Bazerk, Bazerk / Son Of Bazerk featuring No Self Control And The Band Soul '91その過激で急進的な主張と破壊力抜群のサウンドで、90年前後に絶大な影響力を誇っていたパブリック・エネミー。それはヒップホップの枠に留まらず、音楽シーン全体に波及していた ...

Body Slam! / Bootsy's Rubber Band Warner Bros. '82 ブーツィーは70年代後半にラバー・バンドで4枚、80年代初めにソロ名義で2枚、計6枚のアルバムをワーナーからリリースしている。バンドの名称をめぐって裁判沙汰となり、ラバー・バンドという名前が使えなくなったハズ ...

Already Motivated / Rose Stone ESOR '08 スライ&ザ・ファミリー・ストーンのメンバー、そしてスライ・ストーンの実妹であるローズ・ストーン。近年は、ファミリー・ストーンのオリジナル・メンバーのシンシア・ロビンソンやジェリー・マルティニに、娘のリサ・ストーン ...

↑このページのトップヘ