FUNK OF AGES

FUNKencyclopedia of FUNKamentalism

2020/06

Absolute Funk Body & Soul '05 フランスのレーベル、ボディ&ソウル編纂のレア・ファンク・コンピレーション『Absolute Funk』。2000年代後半にこのシリーズで5枚リリースがあるが、どれもタフで埃っぽいファンクがたっぷり詰まっていて非常に聴き応えがある。このレーベ ...

Nightcruising / The Bar-Kays Mercury '81 1966年にバンド結成、翌67年にスタックス傘下のヴォルトから1stアルバム『Soul Finger』をリリースしたバーケイズは、同年の飛行機事故によりメンバーの大半を失ってしまう。しかし、たまたま飛行機に同乗せず命拾いしたベーシ ...

Cane And Able Epic '72 1972年に2枚のアルバムを残している8人組のバンド、ケイン・アンド・エイブル。カナダ出身のバンドながら、2枚のアルバムはいずれもパリ録音と思われ、仏エピックからのリリース。プロデューサーもクロード・デルクルーというフランス人ジャズ・ド ...

Physical Attraction / Keith Barrow Columbia '78 シカゴ出身のソウル・シンガー、キース・バロウ。70年代~80年代初めにかけて4枚のアルバムを残している人だが、自分が聴いたのはコロンビアからリーリースした2枚。すなわち77年の2nd『Keith Barrow』と78年の3rd『Phys ...

Extrasensory Perception / Popcorn Wylie ABC '74 デトロイト出身のリチャード "ポップコーン" ワイリーは、高校時代に自身のバンド、ポップコーン&ザ・モホークスを結成。このバンドにはジェイムス・ジェマーソンもメンバーとして参加していたようで、彼らはモータウン ...

When I Get Back Home / Vernon Burch Columbia '77 ワシントンDC生まれのシンガー/ソングライターのヴぁーノン・バーチ。何でも一時期バーケイズにギタリストとして加入していたそうで、確かに手持ちの『Do You See What I See?』の再発CD(ボーナストラック含むジャケ ...

Chakachas Avco '72 チャカチャスはベルギーのラテン系スタジオ・ミュージシャンたちが50年代末に結成したバンドで、60~70年代にコンスタントにアルバムをリリースしている模様。最もよく知られている曲は、女性の喘ぎ声入りラテン・ファンク/レア・グルーヴ・クラシッ ...

Impeach The President / The Honey Drippers Tuff City ’18「大統領を弾劾せよ」というタイトル、そしてこのキツい風刺の効いたジャケット。これはニューヨークの名門インディ・レーベル、タフ・シティが2018年のレコード・ストア・デイでリリースした7インチ盤。ロイCの ...

Soul Impressions / Janko Nilovic Editions Montparnasse '75 ヤンコ・ニロヴィッチはトルコ出身でフランスで活動した音楽家。主にライブラリー音源の作曲家として数多くの作品を残しているとのことで、その中でも75年の本作『Soul Impressions』は後にレア・グルーヴ方 ...

Bobby Caldwell Clouds '78 ミスターAOR、ボビー・コールドウェル。正直に言えば、この方面の音楽にはまったく疎いのだが、それでもこの名盤として名高いボビーの1stアルバムは気に入ってよく聴いている。何と言っても、アルバム全体を覆う哀愁・黄昏ムードにどうしようも ...

デジタル限定で『Funky In Space 22 - 宇宙でもファンキーになれるBEST22』というコンピレーション・アルバムが販売されていることを最近知ったのだが、パーラメントやキャメオなんかも一応入ってはいるけど、大半はあまり宇宙っぽくもなくファンキーでもない曲で、「マイ・ ...

Love, Sex, And The Zodiac / Cannonball Adderley Fantasy '74 ファンクやソウルのアルバムをよく買う人なら分かると思うが、レコードの裏ジャケやインナー・スリーヴ、CDのブックレットなどに、バンド・メンバーの名前や担当楽器などとともに星座がクレジットされている ...

Adventures In Paradise / Minnie Riperton Epic '75 60年代末にロータリー・コネクションのヴォーカルとして活動後、70年代初頭にはスティーヴィー・ワンダーのワンダー・ラヴにバック・ヴォーカルとして加入、その後はソロ・シンガーとして活躍したミニー・リパートン。 ...

↑このページのトップヘ