FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

カテゴリ:Funk Blues

Giant / Johnny Guitar Watson DJM '78 ジョニー・ギター・ワトソンのDJMからの4作目『Giant』。本作でもドラムス以外はすべて独力で演奏するマルチ・ミュージシャンっぷりは相変わらず。変わったことと言えば、これまで以上にディスコ・サウンドへと接近していることで ...

Funk Beyond The Call Of Duty / Johnny Guitar Watson DJM '77 DJM時代のジョニー・ギター・ワトソンのアルバムは、基本どれを聴いても同じような内容なので、どれでも1枚聴いて気に入ったなら、他のアルバムにもハマることは間違いない。DJMからの3枚目となる本作『Funk ...

Black & Blue / Little Sonny Enterprise '72 ブルース・ハーピスト、リトル・サニーのファンク・ブルース傑作『Black & Blue』。スタックス傘下のエンタープライズからのリリース、メンフィス録音でホーン・セクションはバーケイズを起用。重く土臭いサザン・ソウル/フ ...

Big Bad Bo / Bo Diddley Chess '74 ロックンロールのオリジネイターの一人としてあまりにも偉大なボ・ディドリー。ボ・ディドリー・ビートなるものを発明し、音楽史に大きな足跡を残した偉人だが、70年代前半には他の多くのミュージシャン同様、ファンクに傾倒した作品を ...

100% Cotton/The James Cotton Band Buddah '74 ブルースにしてもジャズにしても、その王道に今だ踏み込めずにいるコンサバなファンク/ソウル・リスナーの自分にとっては、その辺縁に位置するファンキーだったりソウルフルだったりするものは非常に美味。ファンク・ブ ...

Love Ain't Nothin' But A Business Goin' On/Junior Parker Groove Merchant '71 40年代末から活動を開始したブルースマン、ジュニア・パーカーがグルーヴ・マーチャントからリリースしたアルバム。ジャケットもファンキーで最高な本作、ジャズ・レーベルからのリリース ...

Ain't That A Bitch/Johnny Guitar Watson DJM '7650年代から活動するブルースマンが、70年代後半に突如ファンクに開眼。ジョニー・ギター・ワトソンのファンク期没入を記念するDJM移籍1作目『Ain't That A Bitch』。ギャングスタな出で立ちでギラギラしたヤバそな雰囲気を ...

↑このページのトップヘ