FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

カテゴリ:JB

Reality / James Brown Polydor '74 JBの74年作、邦題『ファンキー大統領』。さすがのJBも、このあたりから明らかに勢いに翳りが見えてきた感じ。「The Payback」や「Papa Don't Take No Mess」ぐらいまでは貫禄のヘヴィー・ファンクを聴かせてくれていたが、本作のファン ...

I Got The Feelin' / James Brown King '68 60年代のJBを代表する名盤『I Got The Feelin'』。大ヒットシングル「I Got The Feelin'」を中心に編まれたアルバムだが、当時のJBの常套手段である、「ヒット曲以外は寄せ集め」的なアルバムであるにも関わらず、その寄せ集め ...

Love Power Peace / James Brown Universal '14 当時、キングからリリースが予定されながらも、ポリドールへのレーベル移籍などのゴタゴタでお蔵入りとなってしまった、71年のパリでのライヴを収めた3枚組LP『Love Power Peace』。92年になってようやく日の目を見たこの音 ...

Get Down With James Brown : Live At The Apollo Vol.Ⅳ / James Brown Universal '16 アポロ第4弾としてリリースが予定されるも、結局お蔵入りとなってしまっていた72年9月のライヴ音源がようやくCDリリース!。JB名義ではあるけれど、実態は当時のJBレヴューの前座のス ...

The Popcorn / James Brown King '69 60年代のJBのアルバムには、必ず1~2曲はファンキーなインスト・ナンバーが入っていたが、絶頂期に差し掛かった69年にリリースした本作『The Popcorn』は、ファンキーでジャジーなインストのみで1枚固めた異色作。汗だくで踊るJBを捉 ...

Funky Music Machine / Maceo & All The King's Men Excello '72 JBのバンドを解雇されたメイシオ・パーカーをはじめとするメンバーが結成したバンド、メイシオ&オール・ザ・キングス・メンの2ndアルバム『Funky Music Machine』。JBのコントロールから解き放たれた解放 ...

Lost Album featuring Watermelon Man / The J.B.'s & Fred Wesley Hip-O Select '11 本作は、フレッド・ウェズリーがJB'sの音楽監督を務めていた72年に制作されながらも、結局お蔵入りとなってしまったアルバムを、ボーナス・トラックを加え発掘リリースしたもの。どうや ...

Slaughter's Big Rip-Off / James Brown Polydor '73 70年代前半のJBは、ニュー・ソウルやブラックスプロイテーション映画の興隆から刺激を受け、メッセージ性の強い大作志向の2枚組アルバムを連発する他、サントラ盤も2枚制作。本作はそのうちの1枚『Slaughter's Big Rip ...

For Sweet People From Sweet Charles People '74 60年代末頃からJBのバンドにベーシストとして参加したスウィート・チャールズことチャールズ・シュレル。「Mother Popcorn」「Say It Loud I'm Black And I'm Proud」「It's A New Day」などのJBファンク完成期の傑作ナン ...

Life On Planet Groove / Maceo Parker Minor Music '92 60年代後半から、JB~Pファンクと2大ファンク勢力を渡り歩いてきたメイシオ。雌伏の時となった80年代を経て、80年代末にはビル・ラズウェルとブーツィーの仕切りのもと、ミニ・アルバム『For All The King's Men』 ...

Say It Loud I'm Black And I'm Proud / James Brown King '69 60年代末のJBは、ミュージシャンとしてだけではなく、ビジネスマン、更には黒人社会に大きな影響力を持つリーダーとして突出した存在だった。そのJBの政治力に目をつけたブラック・パンサー党が、JBを脅して書 ...

Funky Good Time : The Anthology / The J.B.'s Polygram '95 本作はJB's及びその周辺の音源を集めた2CDアンソロジー。『Food For Thought』から『Hustle With Speed』までのJB'sの5枚のアルバムとメイシオの『Us』からの曲を中心に編まれているが、アルバムのテイクより ...

Hell / James Brown Polydor '74 『Get On The Good Foot』『The Payback』と、大作志向の2枚組アルバムを連発した70年代前半のJB。本作『Hell』も懲りずに2枚組。だが、単調でやや水増し感のあった先の2作と比べると、本作は展開に起伏があり飽きさせないつくりの好盤。 ...

Anthology Mother Popcorn / Vicki Anderson Soul Brother '04 JBレヴューの歴代ディーヴァの中でも、ヴィッキ・アンダーソンは歌い手としての実力ではトップクラスだが、マーヴァ・ホイットニーやリン・コリンズほどはJBに厚遇されなかった人だ。60年代後半から70年代初 ...

Food For Funk / J.B.'s P-Vine '90 本作はJB'sをはじめとするピープル・レーベルのシングル曲をコンパイルしたアルバム。JB's「All Aboard The Funky Soul Train」以外の曲は、オリジナル・アルバム未収録のシングル・オンリー曲。JB's周辺音源の決定版2CD『Funky Good T ...

There It Is / James Brown Polydor '72 ブーツィーら脱退後も『Hot Pants』『Revolution Of The Mind』といった傑作を連発し、依然好調をキープしていたJBだが、本作『There It Is』あたりからやや翳りが見え始める。ファンクは相変わらずのクオリティで、特にタイトル曲 ...

Hustle With Speed / The J.B.'s People '75 フレッド・ウェズリーの名をバンド名に冠した前2作から、シンプルにJB's名義へと戻った5thアルバム。フレッドは本作の録音に参加してはいるものの、アルバム・リリース前に脱退したというのが真相のよう。75年というとJB御大自 ...

James Brown's Funky People (Part 3) Polydor '00 JBプロダクションのレア音源を纏めたコンピレーション・シリーズの第3弾。最初の2枚が出たのがレア・グルーヴ・ムーヴメント真っ只中の88年だから、12年のブランクの後に突如リリースされた作品。楽曲のレア度では前2作 ...

Us/Maceo People '74 70年にメイシオをはじめとするJBのバンド・メンバー達が待遇改善を要求しストライキを敢行、労使交渉を求めるもJBは完全拒否、まさかの全員クビという強権発動には、メイシオらは青ざめたに違いない。その後、クビになった連中はメイシオを中心に、メ ...

It's My Thing/Marva Whitney King '69 マーヴァ・ホイットニーは歴代のJBプロダクションの歌姫のなかでも、リン・コリンズと並んで御大から最も厚い寵愛を受けた人と言える。何しろ、御大直々に「ソウル・シスターNo1」の異名を拝命し、アルバムも2枚もリリース(うち1枚 ...

↑このページのトップヘ