FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

カテゴリ:Meters

Zony Mash / The Meters Sundazed '03 組体操ジャケが最高な本作は、ミーターズのジョシー時代のシングル・オンリー曲や未発表曲を集めた編集盤。60年代末~70年代初頭の、4人のメンバーが生み出した魔法のグルーヴがたっぷり詰まった本作は、ジョシー時代の3枚のオリジナ ...

Uptown Rulers! Live On The Queen Mary / The Meters Rhino '92 75年3月、ポール・マッカートニーのアルバム『Venus & Mars』リリース記念の、クイーン・メアリー号船上パーティーでのミーターズのライヴ音源を、92年になってライノが発掘リリースしたアルバム。おそら ...

Kickback / The Meters Sundazed '01 ミーターズの未発表曲/テイク集『Kickback』。ミーターズの同様の未発表曲集としては、90年代前半にラウンダーから出た『Good Old Funky Music』『The Meters Jam』があり、『Kickback』収録曲の約半数はラウンダーの2枚にも収録され ...

At Rozy's / The Meters Reg Associates '81 ブート臭いアルバムだが、アマゾンでも取り扱いがあるし、普通に流通してるっぽいので一応正規盤ということでいいのだろうか。76年12月のライヴ音源を81年になってリリースしたもので、聞き覚えのないレーベルだし、ミーターズ ...

New Directions/The Meters Warner '77 メンバーにとっては不本意なかたちで世に出てしまった前作『Trick Bag』を最後に、アラン・トゥーサン&マーシャル・シホーンと袂を分かち、またバンド内のパワー・バランスの変化、方向性の相違からバンド運営が困難になってきたミ ...

Trick Bag/The Meters Reprise '76ミーターズ通算7作目は、いわく付きの問題作。マネージャーのマーシャル・シホーンがバンドのリハーサル・テープを勝手にリリースしようと画策、メンバーは企みに気付いたもののリリースを止められず、数曲録り直すので精一杯、というのが ...

Fire On The Bayou/The Meters Reprise '75シリル・ネヴィルが正式加入してリリースされた6thアルバム。これまでもシリルはレコーディングやライヴでバンドをサポートしてきたが、正式にメンバーに加わったことで一気に露出が増加し、ヴォーカルを取る曲も多くなっている。 ...

Cabbage Alley/The Meters Reprise '72ジョシー倒産後にメジャー移籍を果たしたミーターズの4thアルバム。4人だけでスカスカのインストで勝負していた先の3枚と比べると、このアルバムは本格的にヴォーカルを据え、音数も増えた印象で、正式加入前のシリル・ネヴィルのパー ...

Funky Good Time Live At Moonwalker 1/The Legendary Meters featuring The JB Horns Lakeside Music '93レジェンダリー・ミーターズとJBホーンズという一見豪華、ただし面子を見るとやや微妙な感じがする91年録音のライヴ盤。ミーターズの方はジョージ・ポーターとレオ ...

Struttin/The Meters Josie '70ミーターズのジョシー時代の最後のアルバム。基本的には前2作と同じく、スカスカのリズムとタメの深い独特のシンコペイト・グルーヴだが、時代の要請かアートのヴォーカルをフィーチャーした曲があるなどの変化もある。もちろん、このアルバ ...

Look-Ka Py Py/The Meters Josie '69ジャケットも最高なミーターズの2nd。やっていることは1stと大差ないのだが、ジカブーとジョージ・ポーターが繰り出す独特のシンコペーション・リズムの面白さがより際立ち、そこに絡むレオ・ノセンテリのユルくファンキーなカッティン ...

The Meters Josie '69ミーターズの記念すべき1stアルバム。バンド名に因んだ各種計測器のジャケットもなんかイカス。69年というと、JBは「Mother Popcorn」、スライは『Stand!』でファンクのビッグバンを起こした、ファンク紀元元年と言ってもいい年。このミーターズの1st ...

70年代10大ファンクバンド④Rejuvenation/The Meters60年代後半にJBが巻き起こしたファンク革命の火の手は、瞬く間に全米に燃え広がり、60年代末頃になるとJBスタイルのファンキーなバンドが各地に乱立するようになるが、このファンク勃興期に、JBとはまた違うスタイルのファ ...

↑このページのトップヘ