FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

カテゴリ:Ohio Players

Pain / Ohio Players Westbound '72 オハイオ・プレイヤーズのウェストバウンドからの1枚目のアルバム『Pain』。ここからウォルター"ジュニー"モリソンがメンバー入り。ジュニーの加入は、オハイオ・プレイヤーズの音楽性をガラリと変えてしまうほどのインパクトで、ジュ ...

Pleasure / Ohio Players Westbound '72 オハイオ・プレイヤーズのウェストバウンドでの2枚目のアルバム『Pleaasure』。もうジュニーの異能・個性全開のアルバムで、作曲・アレンジ・プロデュースからヴォーカルまで、ジュニーが完全にバンドのイニシアティヴを握っている ...

Jass-Ay-Lay-Dee / Ohio Players Mercury '78 マーキュリーからの7作目のオリジナル・アルバムにして、同レーベルからの最終作となった『Jass-Ay-Lay-Dee』。もともとは2枚組としてリリースしたかったらしいが、マーキュリーに拒否され1枚モノとしてリリースされたそうで ...

Ecstasy / Ohio Players Westbound '73 オハイオ・プレイヤーズがマーキュリーに移籍してビッグ・ヒットを連発する前、ウェストバウンドからリリースした作品群は、SMチックなドエロなジャケット、ウォルター・ジュニー・モリソン主導による、ギトギトにネチッこく、奇妙 ...

Contradiction / Ohio Players  Mercury '76 オハイオ・プレイヤーズのマーキュリーからの4枚目のアルバム『Contradiction』。メロウに蕩けるグルーヴと猥雑なファンクは前作『Honey』と同様だが、本作では更にブルージーな陰影を増した印象。『Honey』までの3作が文句無 ...

Honey/Ohio Players Mercury '75オハイオ・プレイヤーズが70年代中期にリリースした3枚、『Skin Tight』『Fire』『Honey』は、いずれも文句の付けようのない傑作。このアルバムからは、「Love Rollercoaster」がまたもNo.1ヒットとなり、名実共に当時の最強ファンク・バン ...

Skin Tight/Ohio Players Mercury '74マーキュリー移籍後第1弾となるアルバムで、『Fire』と並ぶ傑作。脱退したジュニーに代わりイニシアチブを執るシュガーフットの存在感が強烈。あの気だるく猥雑でプンと臭うようなヴォーカルは、まさしくヴォイス・オヴ・ファンク。シ ...

70年代10大ファンクバンド⑤Fire/Ohio Players数多くのファンク・バンドを輩出したオハイオ州。この全米随一のファンク・シティ出身のバンドの中でも筆頭格と言えるのがオハイオ・プレイヤーズだ。60年代初頭からウィルソン・ピケットのサポートなどで活動し、その後ファンク ...

↑このページのトップヘ