FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

カテゴリ:War

War United Artists '71 LAで活動していた黒人バンド、ナイトシフト。どういうわけかアニマルズのエリック・バードンが彼らを気に入り、自身のバック・バンドとして丸抱え、デンマーク出身の白人ハーモニカ奏者、リー・オスカーをメンバーに追加&バンド名をウォーに改名 ...

Live / War United Artists '73 ウォーの2枚組ライヴ・アルバム。『The World Is A Ghetto』『Deliver The Word』と傑作を連発した後の、最も勢いに乗っていた頃に録音されたもので、このバンドの特長であるファンク、ラテン、ジャズ、ロックのゴッタ煮ハイブリッド・サウ ...

Youngblood / War United Artists '78 LAのヒスパニック系コミュニティを描いた映画のサウンド・トラック。ウォーは70年代初期からファンク、ジャズ、ラテン、ロックのハイブリッドを果敢に行ってきたが、70年代末の本作でもその姿勢は健在。高度な演奏力に裏付けられたタ ...

Why Can't We Be Friends? / War United Artists '75 ウォーの代表作とされることも多い、75年のアルバム『Why Can't We Be Friends?』。ラテン/ジャズ/ロックの要素を取り込んだ、LAゲットー直送のハイブリッド・ファンクで人気を博したウォーだが、本作はそれまで以上 ...

Deliver The Word / War United Artists '73 73年の年間アルバム・チャート1位を記録した『The World Is A Ghetto』の次にリリースしたアルバム『Deliver The Word』。大ヒット作の次ということで、バンド・メンバーにはかなりのプレッシャーがかかっていたようだが、黒い ...

All Day Music/War United Artists '71 ウォーの大出世作『The World Is A Ghetto』の前年にリリースされた傑作『All Day Music』。高い演奏能力に支えられたファンク/ラテン/ロック/ジャズのハイブリッド・サウンド。土煙り舞う乾いたグルーヴと、路地裏の哀愁メロウ ...

Galaxy/War MCA '77アースやPファンクを筆頭に、70年代後半は宇宙志向のファンク・バンドが幅を利かせていたが、埃と油に塗れたゲットー・チカーノ・ファンク・バンドの雄、ウォーまでも『Galaxy』なんていうストレートなタイトルのアルバムを出している。大ヒット作『The ...

70年代10大ファンクバンド⑧The World Is A Ghetto/Warプロデューサーのジェリー・ゴールドスタインを介して邂逅したアニマルズのエリック・バードンとLAの黒人バンド、ナイトシフト。バードンはこのバンドを気に入り、バンド名をウォーと改名させ、デンマーク出身の白人ハー ...

↑このページのトップヘ