FUNK OF AGES

Dirty Funk & Groovy Soul Disc Review

カテゴリ:Chicago

Music Is The Message / Sons Of Slum Cordial '19 サンズ・オブ・スラムはシカゴをベースに活動したファンク・バンド。バンド結成は1964年と古く、Discogsによると、71~72年にガンマやスタックスから計3枚のシングルを残すのみ。その後もライヴ活動は継続していたようだ ...

Stash / Rasputin's Stash Family Groove '19 シカゴのファンク・バンド、ラスプーティンズ・スタッシュ。スライからの影響大なサイケデリック・ファンク・ロックを聴かせる1stアルバムをコティリオンからリリースした時点では8人組だったが、地元シカゴのジェミゴに移籍 ...

Follow The Wind / Midnight Movers, Unltd. Buddah '74 ウィルソン・ピケットのバック・バンドや、アイズレー・ブラザーズのツアー・バンドも務めていたというシカゴ出身の5人組、ミッドナイト・ムーヴァーズ。バンド名はもちろん、ピケットのヒット曲から。このバンドは ...

Tighten It Up / Spunk Gold Coast '81 胸元も露わなセクシーなレオタード姿で、悩ましい表情を浮かべながら汗だくで大胸筋を鍛える美女、というジャケットがあまりに強烈なインパクトを植えつける本作。エロいと言うよりも何だか笑えるジャケットだが、裏ジャケは上半身 ...

Spank Your Blank Blank / Morris Jefferson Parachute '78 モリス・ジェファーソンはシカゴ出身のシンガー。1994年にPヴァインから出た、この人の80年前後の音源を集めた未発表曲集『Rock You』が、タフなファンクを演りつつもシカゴ・マナー薫るなかなか良い内容で気に ...

Times Have Changed / The Impressions Curtom '72 ソウル・ヴォーカル・グループのスタイルを確立したと評されるインプレッションズ。「People Get Ready」をはじめとする60年代半ばまでの作品が今も高く評価されているのに対し、60年代末から70年代初め頃までの作品は、 ...

Keep On Pushing / The Impressions ABC '64 インプレッションズとしては4作目、カーティス・メイフィールド、フレッド・キャッシュ、サム・グッデンのトリオとなってからは3枚目のアルバムとなる本作『Keep On Pushing』は、ジャケットも内容も最高なシカゴ・ソウルの大 ...

Give, Get, Take And Have / Curtis Mayfield Curtom '76 70年代前半に怒涛の勢いでニュー・ソウル名盤をリリースし続けたカーティス・メイフィールド。商業的には『Superfly』がピークで、次の『Back To The World』もソウル・チャート1位を記録したものの、以降は売上規 ...

Gangster Love / Chicago Gangsters Gold Plate '76 オハイオ出身ながらシカゴを拠点に活動した10人組バンド、シカゴ・ギャングスターズ。まさかCD化されていたとは知らなかった本作は、このバンドの2ndアルバム。イカシたアルバム・ジャケット及びタイトルで評価2割増し ...

Lowrell AVI '79 シカゴのヴォーカル・グループ、ロスト・ジェネレーションのメンバーとしても活躍したロウレル・サイモン。2枚のアルバムをリリースしグループは解散、その後ロウレルはソングライターとして活動、ミスティークやナチュラル・フォーなどシカゴのアーティ ...

Watchin' You, Watchin' Me / Ebony Rhythm Funk Campaign Chi Sound '76 サイケデリックなファンクをやっていたエボニー・リズム・バンドを前身とし、メンバー拡充&バンド改名しリリースした1stアルバムでは、よりファンク・バンドとして完成されたサウンドを聴かせたエ ...

The First Time We Met / The Independents Wand '72 ライターとしても名を残すチャック・ジャクソンをメンバーに含む、シカゴの男2女1のヴォーカル・グループ、インディペンデンツ。手を繋いで公園の小径を歩く、揃いのジャケットとパンツの3人というジャケもイイ感じの ...

Funk Freak / Southside Movement P-Vine '91 シカゴの重量級ファンク・バンド、サウスサイド・ムーヴメント。70年代前半にリリースした3枚のアルバムはどれも傑作と呼ぶに相応しい内容だが、本作『Funk Freak』は、Pヴァインが91年にリリースした彼らの未発表曲集。その ...

Check Out Your Mind! / The Impressions Curtom '70 カーティス在籍時のインプレッションズとしては最後のアルバムとなる『Check Out Your Mind!』。本作はカーティスの1stソロ・アルバムと同じ1970年のリリース。インプレッションズとして数作前からインストゥルメンタ ...

Natural Four Curtom '74 オークランド出身ながら、シカゴに移りカートムで3枚のアルバムを残した4人組ヴォーカル・グループ、ナチュラル・フォー。仲良し4人組が揃えば思わず真似したくなるようなジャケットが素敵過ぎる本作はその1枚目。メイン・プロデューサー/アレン ...

Hutson Ⅱ / Leroy Hutson Curtom '76 リロイ・ハトソンの5thアルバム『Hutson Ⅱ』。ハトソン史上最もファンクな作品となった前作『Feel The Spirit』は、フリー・スピリット・シンフォニーなる大所帯ファンク・バンド仕立てで、裏ジャケには11人ものメンバーが写ってい ...

Like A Ship... (Without A Sail) / Pastor T.L. Barrett And The Youth For Christ Choir Mt. Zion '71 本作は、シカゴのマウント・ザイオン・バプティスト教会の牧師、T.L.バレットが、彼のクワイアを率いて録音したアルバム。この教会の信者向けに制作されたモノと思わ ...

Closer To The Source / Leroy Hutson Curtom '78 シカゴの才人、リロイ・ハトソンのカートムからの最終作『Closer To The Source』。2ndアルバム『The Man』のジャケットに、"Writer / Producer / Artist / Superstar!!"と書き記していたハトソンは、シンガーというよりも ...

Ebony Rhythm Funk Campaign UNI '73 シカゴの8人組ファンク・バンド、エボニー・リズム・ファンク・キャンペーン。8人のうち4人がエボニー・リズム・バンドのメンバーで、レア音源集の『Soul Heart Transplant : The Lamp Sessions』で聴けるややサイケデリックなサウン ...

Movin' / Southside Movement 20th Century '74 シカゴのファンク・バンド、サウスサイド・ムーヴメントが残した3枚のアルバムは、どれも聴き応えのある優秀ファンク作だが、今だになかなかCD化が進まないのは残念。『USブラック・ディスク・ガイド』でも取り上げられてい ...

↑このページのトップヘ