FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

カテゴリ:Extra P Clones

Connections & Disconnections / Funkadelic Lax '81 いわゆる、裏ファンカのアルバム。その正体は、オリジナル・パーラメンツのうちレイ・デイヴィスを除く、77年頃にクリントンと袂を分かった3人 ― ファジー・ハスキンズ、カルヴィン・サイモン、グレイディ・トーマス ...

P-Funk Guitar Army Tributes To Jimi Hendrix Vol.1 P-Vine '94 本作はPヴァインが企画、クリントン監修によるジミ・ヘンドリクスのトリビュート・アルバム。ファンカデリックのオリジナル・メンバーであるエディ・ヘイゼルをはじめ、歴代のリード・ギタリストがことご ...

Out Of The Dark / O.G. Funk Rykodisc '93 オリジナル・ファンカデリックのベーシスト、ビリー・ネルソン主導のプロジェクト、O.G.ファンクの唯一のアルバム『Out Of The Dark』。リリースの前年に亡くなったビリーの盟友、エディ・ヘイゼルに捧げられた本作、ジェローム ...

Funken Tersepter / Mallia Franklin P-Vine '95 Pファンク軍団の古参女性メンバーであるマリア・フランクリン。パーレットの初代メンバーであり、パーレットを脱けた後もクリントンとはいい距離感の関係を保ち、レコーディングやツアーにも顔を出していた様子。しかし、 ...

Drop The Line / Trey Lewd Reprise '92 ジョージ・クリントンの子息、トレイ・リュードことトレイシー・ルイスのソロ・アルバム。既に70年代末頃からPファンクに帯同して活動していたようで、例の5枚連続でリリースされた未発表曲集にも、80年代前半に録音されたトレイシ ...

Wynne Jammin' / Philippe Wynne Uncle Jam '80 フィリー録音で大ヒットを連発したアトランティック時代のスピナーズのリード・シンガー、フィリップ・ウィン。Pファンクとの関連性で言えば、スピナーズ加入前にブーツィー&キャットフィッシュのバンド、ハウス・ゲスツに ...

U.S. Music with Funkadelic Westbound '09 ゲイリー・シャイダー、コーデル・ブギー・モッソンを輩出したU.S.(=United Soul)。ゲイリーとブギーはもともと子供時代にクリントンの床屋に出入りしていたようで、72年の『America Eats Its Young』あたりからファンカデリッ ...

A Fifth Of Funk/George Clinton & The P-Funk All Stars P-Vine '93 Pファンクの未発表曲集もオーラスとなる第5弾『A Fifth Of Funk』。シリーズ最後ということもあってか、これまで出し惜しみしていた、とっておきの隠し玉的な曲もあれば、出涸らしのような曲もありとい ...

Testing Positive 4 The funk/George Clinton & The P-Funk All Stars  P-Vine '93Pファンク未発表曲集シリーズの第4弾。本作では、ゴリゴリのファンクは控えめで、オーソドックスなソウル・ナンバーやフュージョンっぽい曲なども含む。つまらない曲もあるし、前作の『P I ...

Cookin' From The Inside Out!!!/Mico Wave Columbia '87ブーツィーのプロデュースによる、マイコ・ウェイヴ唯一のアルバム。翌年の『What's Bootsy Doin'?』同様にエレクトロな質感のサウンド。一応、Pファンクにカテゴライズされる作品だが、80年代後半にデビューした黒 ...

Here/Godmoma Elektra '8188年のブーツィー「Party On Plastic」の冒頭でド迫力のラップをかましていた女性3人組、ゴッドママの唯一のアルバム。もちろんブーツィーが全面プロデュース、時期的に当然ながら『Trombipuration』『Ultra Wave』あたりに近い、ややエレクトリッ ...

P Is The Funk/George Clinton & The P-Funk All Stars P-Vine '93このシリーズ、顔見せ的な1作目、グッとクオリティが上がった2作目に続き、この3作目は更に良い曲が揃っている。この後の4~5作目も概ねコレと同程度のクオリティなのだから畏れ入る。1曲目のファンカデリ ...

Serve'em/Madhouse Today '72マッドハウスと言っても、プリンスのジャズ・プロジェクトのことではなく、ゲイリー・マッドボーン・クーパーがPファンク加入前にやっていたバンド。アルバムはこれ1枚きりだが、これがファンカデリック顔負けのサイケデリック・ファンク・ロ ...

Sweat Band Uncle Jam '80スウェット・バンドはブーツィー主導による企画モノのプロジェクト。アルバムはクリントンがCBS傘下に新設したレーベル、アンクル・ジャムのイニシャル・リリースとなったコレ1枚のみだが、Pファンク本隊よりも楽曲の幅が広く、リラックスした雰囲 ...

Plush Funk/George Clinton & The P-Funk All Stars P-Vine '92Pファンク未発表曲集シリーズの第2弾。やや出し惜しみ感のあった1枚目に比べると、より密度の濃い内容になっている。81年のファンカデリック「May Day(S.O.S)」は「Knee Deep」タイプの佳曲。パーレット及びブ ...

Go Fer Yer Funk/George Clinton & The P-Funk All Stars P-Vine '92日本でのPファンク再評価がピークに達した92~93年に、Pヴァインから全5作リリースされた未発表曲集。70年代末から80年代前半までの録音が中心で、正直なところ玉石混交といったところだが、マニアであれ ...

Quazar Arista '78Pファンクを抜けたグレン・ゴインズがプロデュースした、グレンの弟・ケヴィンのバンド、クエイザー。同じくクリントンから離反したジェロームが数曲でドラムを叩いている他は、Pファンク・メンバーの関与は無いが、ファンク・ナンバーはどこをどう切って ...

With Respect/Mr Fiddler Elektra '90これはリアル・タイムでよく聴いていた1枚。Pファンクにハマり始めパーラメントのアルバムを買い漁っていた頃。90年前後には、クリントンも『The Cinderella Theory』をリリースしていたが、そこでタイトル曲をはじめ数曲で名を連ねて ...

↑このページのトップヘ