FUNK OF AGES

Dirty Funk & Groovy Soul Disc Review

カテゴリ:70's Funk

Music Is The Message / Sons Of Slum Cordial '19 サンズ・オブ・スラムはシカゴをベースに活動したファンク・バンド。バンド結成は1964年と古く、Discogsによると、71~72年にガンマやスタックスから計3枚のシングルを残すのみ。その後もライヴ活動は継続していたようだ ...

Stash / Rasputin's Stash Family Groove '19 シカゴのファンク・バンド、ラスプーティンズ・スタッシュ。スライからの影響大なサイケデリック・ファンク・ロックを聴かせる1stアルバムをコティリオンからリリースした時点では8人組だったが、地元シカゴのジェミゴに移籍 ...

Groovin' With Jesus / The Violinaires Checker '71 デトロイトで結成された6人組ゴスペル・グループ、ヴァイオリネアーズ。結成は1952年と古く、60年代半ばから90年代まで長きに渡り、チェス傘下のレーベルのチェッカーや、ジュウェル、マラコなどから結構な枚数の作品 ...

Sho Is Funky Down Here / James Brown King '71 デビュー以来長らくキング・レコーズに在籍していたJBの、同社からの最後のリリースとなったのが本作『Sho Is Funky Down Here』。本作のマテリアルの録音自体は1970年2月、オハイオ州シンシナティのスタジオでまとめて録 ...

My Queen / Gaston Hotlanta '78 ガストンはノース・カロライナ州のガストニアとジョージア州アトランタ出身のメンバーにより結成されたファンク・バンド。いずれも激レア盤として知られている2枚のアルバムのうち、2ndアルバムも悪い出来ではないが、より良いのは壮絶な ...

Purple Image Map City '70 オハイオ州クリーヴランド出身の、女性1人を含む黒人7人組バンド、パープル・イメージ。ジミ・ヘンドリックスや初期スライ、ファンカデリックからの影響を受けたサイケデリック・ブラック・ロックといった感じで、アルバムは1970年のこの1枚の ...

Messin' With Sly Imitations, Interpolations And The Inspiration Of Sly Stone Le Smoke Disque '08 ポルトガルのレーベルからリリースされたスライ&ザ・ファミリー・ストーンのカバー集。収録されているのは、アメリカ国内のバンドだけに留まらず、ヨーロッパやアジ ...

Sweet Ride / Southroad Connection Mahogany '78 ニューヨーク発の8人組ファンク・バンド、サウスロード・コネクション。スターポイントを手がけたことで知られるプロデューサー、ライオネル・ジョブの初期仕事として知られるが、70年代末から80年代初頭にかけて3枚のア ...

Bail Out For Fun! / Maxayn Capricorn '74 元アイケッツのメンバーだった女性シンガーのマクサン・ルイスと、その夫のアンドレ・ルイスを中心に結成された4人組バンド、マクサン。70年代前半にアルバムを3枚残しているが、本作『Bail Out For Fun!』は彼らの3rdアルバム ...

Follow The Wind / Midnight Movers, Unltd. Buddah '74 ウィルソン・ピケットのバック・バンドや、アイズレー・ブラザーズのツアー・バンドも務めていたというシカゴ出身の5人組、ミッドナイト・ムーヴァーズ。バンド名はもちろん、ピケットのヒット曲から。このバンドは ...

Sun-Power / Sun Capitol '77 70年代後半から80年代前半にかけて8枚のアルバムをリリースしたオハイオのファンク・バンド、サン。70年代の作品しか聴けていないのだが、なかではデビュー作の『Wanna Make Love』は抜群の内容を誇るオハイオ・ファンクの傑作で、このバンド ...

Electrified Funk / Wild Cherry Epic '77 オハイオ出身の白人5人組バンド、ワイルド・チェリー。元々は70年頃にハードロック・バンドとして結成されるも、まったく売れなかった模様。そんな彼らを尻目に、70年代半ばになるとオハイオ・プレイヤーズをはじめ数多くの優れ ...

Today, Tomorrow, Forever RSO '79 女性1人を含む10代後半の若者7人で結成されたバンド、トゥデイ・トゥモロウ・フォーエヴァー。このバンドは3枚のアルバムを残しているが、1stアルバムとなる本作は若いだけに勢いのある演奏のファンク/ブギーが楽しめる良盤。フロリダ ...

Super Trick / N.C.C.U. United Artists '77 N.C.C.U.とは、North Carolina Central University の略だそうで、これはそこの学生たち7人が結成したカレッジ・バンド。本作をプロデュースしたのは、この時この大学で教鞭を執っていたドナルド・バード。このエピソードから ...

Pulp Fusion Magnum Harmless '01 英・ハームレスの名物コンピレーション・シリーズ、パルプ・フュージョン。このタイトルの元ネタはもちろんタランティーノの"Pulp Fiction"。そのタランティーノはパム・グリアを敬愛するあまり、彼女を主役に"Jackie Brown"を撮ったが、 ...

Evolution / Dennis Coffey & The Detroit Guitar Band Sussex '71 デトロイトのサイケデリック・ファンク・ロック・ギタリスト、デニス・コフィーの2ndアルバム『Evolution』。前作『Hair And Thangs』はデニス・コフィー・トリオ名義だったが、本作はデトロイト・ギター ...

Spank Your Blank Blank / Morris Jefferson Parachute '78 モリス・ジェファーソンはシカゴ出身のシンガー。1994年にPヴァインから出た、この人の80年前後の音源を集めた未発表曲集『Rock You』が、タフなファンクを演りつつもシカゴ・マナー薫るなかなか良い内容で気に ...

Kilo Stax '79 ファンタジー傘下に再興されたスタックスから70年代末に1枚だけアルバムをリリースして消えた5人組ファンク・バンド、キロ。彼らについてほとんど情報を持ち合わせておらず、どんなバンドなのかよく分からないのだが、メンバーのうちベースのレイ・グリフィ ...

Out In Front / Olympic Runners London '75 オリンピック・ランナーズはUKの6人組ファンク・バンド。60年代半ばにブルー・ホライズン・レコードを立ち上げ、以降もプロデューサーとして活動していたマイク・ヴァーノンが、ロンドンのオリンピック・スタジオでのセッショ ...

Everybody Up / Ohio Players Arista '79 ウェストバウンドからマーキュリーへと移籍するや、いきなり『Skin Tight』『Fire』『Honey』と大ヒットを連発し一躍トップ・ファンク・バンドへと伸し上ったオハイオ・プレイヤーズだが、以降は徐々にヒットの規模も縮小、作品の ...

↑このページのトップヘ