FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

カテゴリ:70's Funk

Mr. Mean / Ohio Players Mercury '77 全盛期を過ぎヒットの規模も縮小していった頃のオハイオ・プレイヤーズが手掛けたサウンドトラック盤『Mr. Mean』。フレッド・ウィリアムソン主演の映画本編は、ブラックスプロイテーション・ムービーもすっかり下火になった1977年の ...

Life On Mars / Dexter Wansel Philadelphia International '76 フィラデルフィアのファンク・バンド、イエロー・サンシャインのメンバーとして活動後、70年代後半にはプロデューサー/アレンジャー/ソングライターとしてフィリー・ソウル・シーンを支え、ソロ・アーティ ...

Gotta Get Back : The Unreleased L.A. Sessions / Robbie Hill's Family Affair Light In The Attic '13 60年代末からシアトルでブラック&ホワイト・アフェアというファンク・バンドをやっていたドラマー、ロビー・ヒルがバンド解散後に結成した兄弟数人を含むファミリ ...

The Albert perception '70 5管を擁する総勢10人のブラス・ロック・バンド、アルバート。本作はパーセプションからリリースされた、このバンド唯一のアルバム。ジャケットからは分かりにくいが、メンバーのうちヴォーカルのみが黒人。黒人シンガーを据えて大人数のホーン ...

Owed To Myself / Charles Hilton Brown Ampex '74 おそらくイタリアを拠点に活動していたと思われる黒人シンガー、チャールズ・ヒルトン・ブラウンの、多分唯一のアルバム『Owed To Myself』。本作でバック・バンドを務めるのは、在英アフロ・ロック・バンド、アサガイの ...

’78 / Brand New Funk Vibration '78 70年代にはオール・プラチナムからモーメンツをはじめとするスウィートなヴォーカル・グループを輩出し、80年代にはシュガーヒルを立ち上げラップ黎明期を支えた、レーベル経営者/プロデューサー/シンガーのシルヴィア・ロビンソン ...

Watchin' You, Watchin' Me / Ebony Rhythm Funk Campaign Chi Sound '76 サイケデリックなファンクをやっていたエボニー・リズム・バンドを前身とし、メンバー拡充&バンド改名しリリースした1stアルバムでは、よりファンク・バンドとして完成されたサウンドを聴かせたエ ...

Destination Unlimited / Right Track True Soul '78 ジャケットがあまりにも秀逸過ぎる本作は、アーカンソー出身の5人組ファンク・バンド、ライト・トラックの唯一のアルバム『Destination Unlimited』。野暮ったいC級ローカル・ファンクといった感じで、曲も演奏も特筆 ...

I Need Help(Live On Stage) / Bobby Byrd King '70 稀代のエンターテイナーであるJBの、永遠の相方としてソウル・ミュージック史に名を留めるボビー・バード。監獄で若き日のJBと出会い意気投合、JBの仮釈放の際には身元引受人となった。バードが率いていたフェイマス・ ...

Suzie Super Groupie / Junie Westbound '76 ジュニーがウェストバウンドからリリースした3枚のアルバムは、どれもユニークで、型破りで、ブッ飛んでて、とにかくファンキーで最高なのだが、その3枚のうちの最後の作品となる本作『Suzie Super Groupie』も、ますますその ...

Night Fever / The Fatback Band Spring '76 とにかく膨大なリリース数を誇るファットバック。80年代にも『Hot Box』や『Tasty Jam』といったゴツいファンク傑作があるが、パーセプション~イベント~スプリングとレーベルを渡り歩いて量産した70年代の作品には(そのすべ ...

Investigation No.1 / Carl Sherlock Holmes Investigation C.R.S. '74 フィラデルフィアのギタリスト、カール・ホームズ。60年代から自身のバンドを率いて活動していたが、70年代に入り心機一転、かの名探偵にひっかけてカール・シャーロック・ホームズと名乗り、新バンド ...

Ain't It Funky / James Brown King '70 JBの70年代最初のリリースとなった本作『Ain't If Funky』はインスト・アルバム。全7曲中、本作用に用意された楽曲は「Ain't It Funky」「Fat Wood」「Nose Job」の3曲で、残りは既発曲をインスト仕立てに焼き直したもの。この頃の ...

Morning, Noon & The Nite-Liters / The Nite-Liters RCA '71 ナイト・ライターズの2ndアルバム『Morning, Noon & The Nite-Liters』。本作ももちろんハーヴィー・フークワのプロデュース。このバンドの5枚のアルバムのなかでも、おそらく最も人気の高いアルバムではない ...

Funk Freak / Southside Movement P-Vine '91 シカゴの重量級ファンク・バンド、サウスサイド・ムーヴメント。70年代前半にリリースした3枚のアルバムはどれも傑作と呼ぶに相応しい内容だが、本作『Funk Freak』は、Pヴァインが91年にリリースした彼らの未発表曲集。その ...

Atlas Bellaphon ’77 ジャケットのインパクトがあまりにも強烈なこのアルバム。いったいコレは何なのか理解し難いが、間違いなくファンキーであろうことは容易に想像がつく。オーストリアの9人組バンド、アトラスのおそらく唯一のアルバム。おそらく白人のみのバンドだろ ...

Rattlesnake / Ohio Players Westbound '75 ウェストバウンドからマーキュリーに移籍したオハイオ・プレイヤーズは、1974年から75年にかけて『Skin Tight』『Fire』『Honey』と傑作を連発。この間アルバム『Fire』とシングル「Fire」「Love Rollercoaster」が全米No.1ヒッ ...

Promised Heights / Cymande Janus '74 ガイアナやジャマイカ、西インド諸島出身者らによりロンドンで結成されたアフロ/ラテン/カリブ/ジャズ/ファンク・バンド、サイマンデ。バンド・メンバーのルーツをそのまま反映したかのような未整理で土着的なゴッタ煮サウンド ...

Chocolate Milk RCA '76 ニューオリンズのファンク・バンド、チョコレート・ミルクの2ndアルバム。本作も前作『Action Speaks Louder Than Words』同様、名匠アラン・トゥーサンのプロデュース。ジャケットも前作のものを踏襲しているが、内容的にも同傾向で、ニューオリ ...

Feel My Soul / The Fatback Band Perception '74 初期のファットバック・バンド、つまりパーセプションの3枚とイヴェントの最初の2枚ぐらいまでは、饐えた路地裏臭が立ち込める黒く煤けたストリート・ファンク・サウンドが最高だが、3rdアルバムとなる本作『Feel My Soul ...

↑このページのトップヘ