FUNK OF AGES

FUNKencyclopedia of FUNKamentalism

カテゴリ:80's Funk

Pyrymyd Capitol '80 10人組の大型ファンク・バンド、その名もピラミッド。このバンドについてあまり詳しいことは分からないが、バーケイズのオリジナル・メンバーだったトランペット奏者、ベン・コーリーが結成したサウス・メンフィス・ホーンズ(メンフィス・ホーンズで ...

Eclipse / Sun Air City '84 1976年から1984年までの9年間に8枚ものアルバムをリリースしたオハイオのファンク・バンド、サン。大きなヒット曲もなくマイナーな存在ながらも、これだけの作品をリリースできたということは、当時はそれなりに人気はあったのかもしれない。1 ...

Nightcruising / The Bar-Kays Mercury '81 1966年にバンド結成、翌67年にスタックス傘下のヴォルトから1stアルバム『Soul Finger』をリリースしたバーケイズは、同年の飛行機事故によりメンバーの大半を失ってしまう。しかし、たまたま飛行機に同乗せず命拾いしたベーシ ...

Satisfaction / Aurra Family Groove '13 スレイヴのリーダー/プロデューサーのスティーヴ・ワシントンが、スレイヴとは別に興したファンク・ユニット、オーラ。スレイヴ最高傑作の『Stone Jam』と同じ1980年にリリースされた1stアルバム『Aurra』には、マーク・アダムス ...

Ⅰ / Steve Arrington's Hall Of Fame Atlantic '83 1978年のスレイヴの3rdアルバム『The Concept』から6thアルバム『Show Time』までの4作で、ドラマー、そしてメインのヴォーカルとして大きく貢献したスティーヴ・アーリントン。この4作のうち、特に80年の『Stone Jam』 ...

MCB Epic '83 2人組のユニット、MCB。Mはベーシストのアーロン・ミルズでジャケット右側、Bはトロンボーン奏者のジェリル・ブライトでジャケット左側。ミルズは『Secret Omen』から、ブライトはブレインストームを経て『Cameosis』から加入し、ともに『Knights Of The Sou ...

Throwin' Down / Rick James Gordy '82 81年のアルバム『Street Songs』、さらにそこからのシングル「Give It To Me baby」「Super Freak」の大ヒットで、ファンク・シーンのトップに躍り出たモータウンの異端児、リック・ジェイムス。その勢いのままに翌82年にリリースし ...

It Must Be Magic / Teena Marie Gordy '81 1978年にアルバム『Come Get It!』でソロ・デビューしたモータウンの異端児、リック・ジェイムス。バンドばかりのファンク・シーンにおいて稀有なソロ・アーティストとして、自らの音楽を"パンク・ファンク"と標榜し、デビュー ...

Ta Mara & The Seen A&M '85 ザ・タイムを脱退したジェシー・ジョンソンは、自身のソロ活動を開始。85年には1stソロ・アルバム『Jesse Johnson's Revue』をリリースしているが、その頃にミネアポリスのクラブで演奏していたマギー・コックスをスカウト。しかし彼女をソロ ...

Shockadelica / Jesse johnson A&M '86 84年の『Ice Cream Castle』を最後にザ・タイムは解散。ソロに転じたジェシー・ジョンソンは翌85年に早速1stアルバム『Jesse Johnson's Revue』をリリース、また、タ・マラ&ザ・シーンのデビュー・アルバムのプロデュースも手掛け ...

Your Love Is My Desire / Eramus Hall Westbound '80 80年代前半に2枚のアルバムを残す7人組ファンク・バンド、エラムス・ホール。シカゴに実在する建造物に因んでジョージ・クリントンが名付けたというこのバンド、一応はPファンクの傍系バンドとして考えてよさそう。1 ...

Yellow Moon / The Neville Brothers A&M '89 ネヴィル・ブラザーズの89年作『Yellow Moon』は、一般的には彼らの代表作ということになるのだろう。自分がこのアルバムを聴いたのは90年頃、もちろん初めて聴いたネヴィルズの作品、更に言えばニューオリンズ音楽初体験がこ ...

Aurra Dream '80オハイオの超重量級ファンク・バンド、スレイヴの中心人物、スティーヴ・ワシントンが手掛けたユニット、オーラ。オーラとしては80年代前半に4枚のアルバムを残しているが、本作はサルソウル傘下のドリームから80年にリリースした1stアルバム。80年というと ...

The Word/Sardines / The Junkyard Band Def Jam '86 ワシントンDCのGo-Goバンド、ジャンクヤード・バンドは1980年に結成。結成当初のメンバーの年齢は8歳から13歳で、楽器を購入する金が無いため、バケツや鍋、フライパンなどを叩いて演奏していたとのこと。地元の学校や ...

Body Slam! / Bootsy's Rubber Band Warner Bros. '82 ブーツィーは70年代後半にラバー・バンドで4枚、80年代初めにソロ名義で2枚、計6枚のアルバムをワーナーからリリースしている。バンドの名称をめぐって裁判沙汰となり、ラバー・バンドという名前が使えなくなったハズ ...

1999 Super Deluxe Edition  (2) / Prince Warner Bros. '19 『1999』スーパー・デラックス・エディションのレヴュー後編。Disc.4  Vault Tracks Ⅱディスク4は82年4月から83年1月までに録音された11曲を収録。M-1. Possessed(1982 Version) 『Purple Rain Deluxe Expa ...

1999 Super Deluxe Edition (1) / Prince Warner Bros. '19 『1999』スーパー・デラックス・エディションは5CD+1DVD、アナログ盤だと10LP+1DVDという凄まじい物量。通常価格約25000円のアナログにはやはり手が出ず、その4割ほどの価格の日本盤CDを購入。何しろ、全65曲、 ...

Ain't But The One Way / Sly & The Family Stone Warner Bros. '82 79年の前作『Back On The Right Track』から3年ぶりとなる、スライの事実上の最終作『Ain't But The One Way』。スライは70年代半ば頃からPファンクと一緒にツアーを回るなど、ジョージ・クリントンとは ...

After Shock / Shock Spizorinctus '10 オレゴン州ポートランドで結成された、80年代屈指のファンク・バンド、ショック。一般的には、81年にファンタジー・レーベルからリリースされた『Shock』が1stアルバムとされることも多く、自分も過去のレヴューでそのように書いて ...

Struck Gold / Crown Heights Affair De-Lite '83 ニューヨークの7人組ファンク/ディスコ・バンド、クラウン・ハイツ・アフェアー。70年代半ばから80年代前半にかけて8枚ものアルバムをリリースしているが、本作『Struck Gold』は83年の最終作。収録は5曲のみ、30分足ら ...

↑このページのトップヘ