FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

カテゴリ:80's Funk

Apollonia 6 Warner Bros. '84 プリンスのサイド・プロジェクトの中でも、一際イロモノ、キワモノ視されているだろうヴァニティー6とアポロニア6。英雄色を好むと言うが、時代の寵児となったファンカーはガール・グループをプロデュースしたがる傾向にあるようで、スライ ...

Kiddo A&M '83 小学校の教室でポーズを取るのは7人組のファンク・バンド、キドー。79年頃からPファンク関連のレコードでクレジットを見かけるようになるベーシスト、ダニー・スターリングを中心とするバンドで、キッド・ファンカデリックことマイケル・ハンプトンもメンバ ...

Nite Life / Shock Fantasy '83 ファンタジー・レーベルのファンク・バンド、ショックの同レーベルからの3枚目『Nite Life』。前2作同様、元プレジャーでショックのギタリスト、マーロン・マクレーンと、キーボードのロジャー・ソースのプロデュース。83年ということもあ ...

Live  2 Places At The Same Time / EU Island '86 アイランドがGo-Goを猛プッシュしていた頃にリリースされたEUのライヴ盤『Live  2 Places At The Same Time』。映画『School Daze』に提供した「Da Butt」、ソルトン・ぺパと共演した「Shake Your Thang」を経て、『Li ...

Funtaztik / Edwin Birdsong Salsoul '81 ロイ・エアーズのユビキティーのメンバーでもあった鍵盤奏者、エドウィン・バードソング。ソロ・アーティストとしても70年代初めから80年代にかけて5枚のアルバムをリリース。サルソウルからリリースした本作『Funtaztik』はその ...

Good To Go Island '86 DCローカルのファンク・ミュージックであったGo-Goを、全米規模のムーヴメントにすべく猛プッシュしていたアイランド・レコードが、映画と音楽のメディア・ミックスを仕掛けた『Good To Go』。『ソウル・ビート・ストリート』という邦題でVHSも出て ...

Every Way But Loose / Plunky & Oneness Of Juju Sutra '81 70年代中期には『African Rhythms』『Space Jungle Luv』という2枚の傑作を残したスピリチュアルなアフロ・ジャズ・ファンク集団、ワンネス・オブ・ジュジュ。その後しばらくリリースが途絶えたものの、80年代 ...

Sunrize Boardwalk '82 分裂直前のアイズレー・ブラザーズがプロデュースしたバンド、サンライズの唯一のアルバム。80年代のアイズレー作品やツアーでサポートをしていたドラマー、エヴェレット・コリンズを中心に、後にサーフィスを結成しクロスオーバー・ヒットを飛ばす ...

The New Zapp Ⅳ U / Zapp Warner Bros. '85 バンドの肉体的なグルーヴとクールなシンセサイザーを融合し、ソウルフルな肉声とトークボックスをレイヤーした極上の80'sファンク・サウンドを生み出したザップ/ロジャー。特に80年代前半の作品、ザップの1st、2nd『Ⅱ』、3r ...

I'm Real / James Brown Scotti Bros. '88 本作は88年のリリースだが、CDを買ったのは90年頃。それまでJBのアルバムは、デパートのワゴン・セールで買った廉価なベスト盤を1枚持っていただけだったので、この『I'm Real』が初めて買ったJBのオリジナル・アルバムというこ ...

The Band! / Osiris Tomdog '80 DCの重量級ファンク・バンド、オサイリス。1st『Since Before Our Time』、2nd『O-Zone』ともに、Pファンクの衣鉢を継ぐかのようなヘヴィー・ファンクの傑作だったが、3rdアルバムとなる本作『The Band!』も超強力。前作にゲスト参加し、フ ...

Mantra Casablanca '81 キャメオのラリー・ブラックモンとアンソニー・ロケットがプロデュースした7人組ファンク・バンド、マントラ。82年に『Now Appearing』をリリースした9人組ファンク・バンド、LAコネクション(こちらはラリー・ブラックモン単独のプロデュース)と ...

Future Funk / E.U. Galaxy Unlimited '82 ワシントンGo-Goを代表するバンドとして、トラブル・ファンクとともに双璧と言っていい存在のE.U.。77年にはエクスペリエンス・アンリミテッドとして、最初のアルバム『Free Yourself』をワンネス・オブ・ジュジュ絡みのレーベル ...

A Night Out With The Boys / Mutiny J.Romeo '83 75年~78年、Pファンク全盛期にその個性的なドラムで大きく貢献したジェローム・ブレイリー。78年にはクリントンと喧嘩別れ。同じくクリントンと袂を分かった盟友、グレン・ゴインズが手がけるバンド、クエイザーでは、バ ...

Dangerous / General Caine Tabu '83 ミッチ・マクドウェル率いるLAの路上叩き上げのファンク・バンド、ジェネラル・ケイン。前作『Girls』で、フレッド・ウェズリー、メイシオ・パーカー、リチャード・クッシュ・グリフィス、レイ・デイヴィス、ドーン・シルヴァら、Pフ ...

Bounce, Rock, Skate, Roll / Vaughan Mason & Crew Brunswick '80 ニューヨークはブルックリンで結成されたヴォーン・メイソン&クルー。中心人物のヴォーン・メイソンは、ブルックリンの雄、BTエクスプレスのエンジニアとも、あるいはレコ屋の店員とも、はたまたアトラ ...

Purple Rain Deluxe Expanded Edition / Prince & The Revolution Warner Bros. '17 待ちに待った『Purple Rain』デラックス版がついにリリース。最初にアナウンスされたのが2014年。その時はリリース30周年記念盤という話だったのが、それから3年の時を経てようやく実現 ...

Feel U Up(Long Stroke) / Prince Paisley Park '89 「Partyman」の12インチ・シングルB面曲。こちらは正真正銘のカミール・ヴォイスで、お蔵入りした『Camelle』にも収録予定だった曲。「Partyman」と同タイプの非常にタイトに締まったファンク・ナンバーで、これが結局 ...

Scarlet Pussy / Prince Paisley Park '88 「I Wish U Heaven」の12インチ・シングルB面曲。何故かカミール名義になっているが、リード・ヴォーカルを取るのはシーラEで、プリンスは例のピッチの高いカミール・ヴォイスではなく、逆にピッチの低いくぐもった声質でヴォー ...

Escape(Free Yo Mind From This Rat Race) / Prince Paisley Park '88 「Glam Slam」の12インチ・シングルB面曲。「Glam Slam」をスタジオでいろいろイジッてるうちに出来たような曲で、よりファンクはアップしている。やや軽量級のお遊びっぽい曲ながら、1曲の中に様々な ...

↑このページのトップヘ