FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

カテゴリ:70's Soul

The Hi Records Single Collection / Otis Clay Solid '14 数多のソウル・シンガーのなかでも、オーティス・クレイはマーヴィン・ゲイやロナルド・アイズレー、ボビー・ウォマックらと並んで最も好きな歌手の1人。本作は、オーティスがハイに残した全シングル曲に加え、そ ...

Natural Four Curtom '74 オークランド出身ながら、シカゴに移りカートムで3枚のアルバムを残した4人組ヴォーカル・グループ、ナチュラル・フォー。仲良し4人組が揃えば思わず真似したくなるようなジャケットが素敵過ぎる本作はその1枚目。メイン・プロデューサー/アレン ...

Ⅱ / The Sylvers Pride '73 ロサンゼルスの兄弟姉妹6人組グループ、シルヴァーズ。50年代末に結成された時は全員10歳未満だったようだが、レコード・デビューを果たした70年代前半には最早ティーン・グループとは言えなくなっていたハズ。それでも、この時代の兄弟グルー ...

Hutson Ⅱ / Leroy Hutson Curtom '76 リロイ・ハトソンの5thアルバム『Hutson Ⅱ』。ハトソン史上最もファンクな作品となった前作『Feel The Spirit』は、フリー・スピリット・シンフォニーなる大所帯ファンク・バンド仕立てで、裏ジャケには11人ものメンバーが写ってい ...

Sneakin' Sally Through The Alley / Robert Palmer Island '74 自分の世代的には、ロバート・パーマーというとパワー・ステーションや大ヒットした「恋におぼれて」の人、という程度の認識で、当時ラジオでもよく流れていた記憶がある。UKの伊達男といったイメージや、良 ...

West Wing 20th Century '75 バリー・ホワイトのプロデュースによる4人組ヴォーカル・グループ、ウェスト・ウィングの唯一のアルバムが、この度初CD化。70年代半ばのバリーは、女性3人組のラヴ・アンリミテッドに始まり、トム・ブロック、ジェイ・ディーといった男性シン ...

Chocolateclay Cat '77 マイアミはTK周辺の作品に関与してきた2人のスタジオ・ミュージシャン、黒人ベーシストのジョージ"チョコレート"ペリーと白人キーボード奏者のクレイ・クロッパーによるユニット、チョコレートクレイの唯一のアルバム。レア・グルーヴやフリー・ソ ...

Wings Of Love / The Temptations Gordy '76 ソウルの歴史に太文字でその名が記されるヴォーカル・グループでありながら、これまで当ブログで取り上げてこなかったテンプテーションズ。モータウンの看板グループとして、スモーキー・ロビンソンと組んで数多くのヒット曲を ...

Like A Ship... (Without A Sail) / Pastor T.L. Barrett And The Youth For Christ Choir Mt. Zion '71 本作は、シカゴのマウント・ザイオン・バプティスト教会の牧師、T.L.バレットが、彼のクワイアを率いて録音したアルバム。この教会の信者向けに制作されたモノと思わ ...

Stand By Your Man / Candi Staton Fame '70 年明け早々に亡くなっていたリック・ホール。フェイム・スタジオのオーナー/プロデューサーとして、数多くのサザン・ソウル名曲を世に送り出してきた巨匠。リックが手がけた作品の中でも、キャンディー・ステイトンの最初の2 ...

Trapped By A Thing Called Love / Denise La Salle Westbound '72 70年代に活躍したサザン・ソウル・シンガー、デニス・ラサールの訃報。彼女の作品をそれほど熱心に聴いてきたわけではないが、1stアルバムにして代表作となる本作『Trapped By A Thing Called Love』や次 ...

The Earl Of Funk / Earl Van Dyke Soul '70 モータウンが生み出した数多くのヒット曲を陰で支えたファンク・ブラザーズ。”The Sound Of Young America”を体現し、黒人所有の音楽レーベルとして類例のない成功を収めたモータウンにおいて、彼らの貢献は計り知れないほど ...

Peddlin' Music On The Side / Lamont Dozier Warner Bros. '77 作曲家として60年代にはモータウンでヒット曲を大量に送り出し、モータウンを離れた後はインヴィクタス/ホットワックスで精力的に活動したラモン・ドジャー。しかし、もとよりシンガー志向が強く、モータウ ...

Motion / Allen Toussaint Warner Bros. '78 60年代後半から70年代半ばにかけて、ソウル~ロックを股にかけて活躍したプロデューサー/作曲家、アラン・トゥーサン。最盛期には、ホーム・グラウンドのニュー・オリンズ、シー・セイント・スタジオには、著名アーティストの ...

This Christmas / Donny Hathaway Atco '70 クリスマス・ソングやクリスマス・アルバムを殊更好んで聴くことはないのだけれど、それでもブーツィーの『Christmas Is 4 Ever』やダニーの「This Christmas」なんかは、この時期になると何だか無性に聴きたくなる。ダニー・ハ ...

Pass It On / The Staples Warner Bros. '76 ステイプル・シンガーズと言えば、何といっても「I'll Take You There」「Respect Yourself」の2大クラシックを含むマッスル・ショールズ録音スタックス盤『Be Altitude : Respect Yourself』が名盤だが、70年代後半のカートム ...

Safety Zone / Bobby Womack United Artists '75 ボビー・ウォマックの75年作『Safety Zone』。本作は、前作『I Don't Know What The World Is Coming To』に引き続き、ウェスト・コースト録音。レコーディング・メンバーには、ジェイムス・ギャドソン、ワー・ワー・ワト ...

Soul Fever / Marie Queenie Lyons Deluxe '70 数枚のシングルとアルバム1枚をリリースしたのみで、その後忽然と歴史の闇に消えた女性シンガー、マリー・クイニー・ライオンズ。今ではレア・グルーヴ名盤として名高い、その唯一のアルバム『Soul Fever』は、キング傘下の ...

Satisfaction Guaranteed! / Larry Davis Perception '70 フィラデルフィアを拠点に活動していたという無名のソウル・シンガー、ラリー・デイヴィス。アルバムはおそらく本作『Satisfaction Guaranteed!』1枚のみ。フィリー・ソウル黎明期のリリース、またレーベルがパー ...

Band Of Thieves Ovation '76 白人4人を含む9人組ソウル・グループ、バンド・オブ・シーヴスの唯一のアルバム。このバンドについて詳しいことは分からないが、本作はミネアポリス録音とのこと。シカゴ周辺のグループという情報もあるが、たしかにシカゴっぽいメロウで柔ら ...

↑このページのトップヘ