FUNK OF AGES

FUNKencyclopedia of FUNKamentalism

カテゴリ:70's Soul

Afrodisiac / The Main Ingredient RCA '73主に70年代に活動したニューヨークの3人組ヴォーカル・グループ、メイン・イングリディエント。モノ凄く歌えるリード・シンガーがいるわけでもなく、3人なので然程コーラスに厚みがあるわけでもない、何となく中庸なイメージのグ ...

Physical Attraction / Keith Barrow Columbia '78 シカゴ出身のソウル・シンガー、キース・バロウ。70年代~80年代初めにかけて4枚のアルバムを残している人だが、自分が聴いたのはコロンビアからリーリースした2枚。すなわち77年の2nd『Keith Barrow』と78年の3rd『Phys ...

Extrasensory Perception / Popcorn Wylie ABC '74 デトロイト出身のリチャード "ポップコーン" ワイリーは、高校時代に自身のバンド、ポップコーン&ザ・モホークスを結成。このバンドにはジェイムス・ジェマーソンもメンバーとして参加していたようで、彼らはモータウン ...

When I Get Back Home / Vernon Burch Columbia '77 ワシントンDC生まれのシンガー/ソングライターのヴぁーノン・バーチ。何でも一時期バーケイズにギタリストとして加入していたそうで、確かに手持ちの『Do You See What I See?』の再発CD(ボーナストラック含むジャケ ...

Bobby Caldwell Clouds '78 ミスターAOR、ボビー・コールドウェル。正直に言えば、この方面の音楽にはまったく疎いのだが、それでもこの名盤として名高いボビーの1stアルバムは気に入ってよく聴いている。何と言っても、アルバム全体を覆う哀愁・黄昏ムードにどうしようも ...

Adventures In Paradise / Minnie Riperton Epic '75 60年代末にロータリー・コネクションのヴォーカルとして活動後、70年代初頭にはスティーヴィー・ワンダーのワンダー・ラヴにバック・ヴォーカルとして加入、その後はソロ・シンガーとして活躍したミニー・リパートン。 ...

Foot Stompin' Music / Sidney Barnes Parachute '78 シドニー・バーンズのキャリアは長く、プロの作曲家として活動を始めたのは60年代初め頃。60年代末にはロータリー・コネクションのメンバーとしても活動しているが、個人的にはやはりPファンク関連で時折名前をを見か ...

Love's Comin' Down / Ronnie Mcneir Motown '76 ロニー・マクネアは70年代初めにキム・ウェストンのツアーでミュージカル・ディレクターを務めたことを契機に以降のキャリアが拓け、自身のアルバムを70年代には3枚、それ以降も地道に音楽活動を続けている。自分が聴いた ...

We Need Each Other / Leo's Sunshipp Lyon's Record '78 レオズ・サンシップはケニー・ストーヴァー、ジョニー・シモーン、アルヴィン・フューの3人からなるグループ。この3人の中では、ケニー・ストーヴァーが比較的知られた存在だろう。マーヴィン・ゲイの『What's Goi ...

Live / Betty Wright Alston '78 先日66歳で亡くなったベティ・ライト。17歳で「Clean Up Woman」が大ヒット、21歳の時に「Where Is The Love」でグラミー受賞するなど、早熟の天才歌手といった印象の、70年代のマイアミ・ソウルを代表する女性シンガー。80年代以降もコン ...

MFSB Philadelphia International '73 60年代を象徴するブラック・インディ・レーベルがモータウンだとすれば、70年代を代表するレーベルはケニー・ギャンブル&レオン・ハフが設立したフィラデルフィア・インターナショナルだろう。60~70年代のソウル・レーベルには、そ ...

Hotbed / Isaac Hayes Stax '78 アトランティック配給時代は作曲家・鍵盤奏者として、インディペンデントとなってからはレーベルを代表するアーティストとして、スタックスを長きに渡り支えてきたアイザック・ヘイズ。1975年のスタックス倒産後はABCへと移籍、同年に移籍 ...

+'Justments / Bill Withers Sussex '74 ビル・ウィザーズがワッツ103rdストリート・リズム・バンドのジェイムス・ギャドソン、メルヴィン・ダンラップ、レイ・ジャクソン、ビノース・ブラックモンとの共同作業で作り上げた名盤『Still Bill』と、ビルとバンドの緊密なリ ...

Just As I Am / Bill Withers Sussex '71 ビル・ウィザーズ、33歳のデビュー・アルバム『Just As I Am』。この飾らない、普段着のビルを写したジャケットが物語るように、素朴で朴訥としたヴォーカルと楽曲の数々が今も色褪せない名盤。この遅咲きの苦労人が世に出るきっ ...

Claudine / Gladys Knight & The Pips Buddah '74 アレサ・フランクリンやメイヴィス・ステイプルズらと並び、史上最高の女性ソウル・シンガーのうちの1人と言っても過言ではないだろうグラディス・ナイト。グラディス・ナイト&ザ・ピップスとして70年代初めにモータウン ...

A Fine Instrument / Leon Debouse Bold '77 マイアミのTK傘下のレーベル、ボールドからリリースされた、レオン・デボウズなるシンガーの唯一のアルバム『A Fine Instrument』。ボールドと言うと、F.A.T.『Funky And Tough』やリード・インクなどが知られているが、本作も ...

A View From Another Place / Wayne Davis Atlantic '73 70年代に2枚のアルバムを残した鍵盤奏者/シンガーのウェイン・デイヴィス。本作『A View From Another Place』はそのうちの1枚目の作品。本作で目を惹くのは、裏ジャケにコメントも寄せているロバータ・フロックの ...

Stairsteps / The 5 Stairsteps Buddah '70 シカゴの兄弟ソウル・グループ、ファイヴ・ステアステップス。67年のデビュー・アルバムのジャケットでは、まだほんの子供だった5人兄弟。2ndからは一番下の弟キュービーも加わり、ファイヴ・ステアステップス&キュービーと名 ...

Gavin Christoper Island '76 シカゴ出身のシンガー/ソングライター、ギャヴィン・クリストファー。70年代前半には同郷のトニー・メイデン、ボビー・ワトソンらとバンドを結成し活動していたようだが、メイデンとワトソンは74年の『Rufusized』からルーファスへと加入。 ...

Fully Exposed / Willie Hutch Motown '73 ソングライター/プロデューサーとしてフィフス・ディメンションやジャクソン5、ソロ初期のマイケル・ジャクソンなど、数多くのヒット曲を手掛けたウィリー・ハッチ。裏方仕事の一方で、ソロ・アーティストとしても69年のRCAから ...

↑このページのトップヘ