FUNK OF AGES

Dirty Funk & Groovy Soul Disc Review

カテゴリ:70's Soul

I've Been Lonely For So Long / Frederick Knight Stax '73 70年代末のディスコ・ヒット、アニタ・ワード「Ring My Bell」のプロデューサーとしても知られる、アラバマ出身のシンガー・ソングライター、フレデリック・ナイトがスタックスからリリースした1stアルバム『I' ...

It's Just A Matter Of Time / Bobby Patterson Paula '72 60年代から、シンガーとしてのみならず、ソングライター/アレンジャー/プロデューサーとして才能を発揮したボビー・パターソン。70年代には、ポーラ/ジュウェル・レーベルを根城にトミー・ヤングなどを手がけた ...

Chocolate Chip / Isaac Hayes HBS '75 アイザック・ヘイズで1番好きなアルバムは、1969年のエポック・メイキングな野心作にして出世作の『Hot Buttered Soul』で、あとは70年代前半のスタックス時代(正確に言えば傘下の傍系レーベルのエンタープライズ)の作品を数枚聴い ...

A Good Feelin' / William D. Smith Warner Bros. '76 カナダを拠点に活動していたソングライター/鍵盤奏者のウィリアム・D・スミス。シンガーとしても2枚のリーダー作を残しているが、本作『A Good Feelin'』はそのうちの1枚目のアルバム。本作を制作するにあたり、スミ ...

Black Fist Happy Fox '77 1977年公開のブラックスプロイテーション・ムービー『Black Fist』のサントラ盤。"ソウル・オブ・ブラック・ムービー"によると、何と当時『喧嘩プロフェッショナル』のタイトルで日本でも劇場公開されたとのこと。映画の内容はストリート・ファ ...

Freedom Flight / Shuggie Otis Epic '71 1969年に弱冠15歳でアル・クーパー『Kooper Session』に抜擢された早熟な天才ギタリスト、シュギー・オーティス。70年には1stアルバム『Here Comes Shuggie Otis』を父ジョニー・オーティスのプロデュースでリリース。そして71年に ...

Newport In New York '72 Vol.6 The Soul Sessions Cobblestone '72 1954年に始まったという伝統あるニューポート・ジャズ・フェスティバルは、71年に会場に入れなかった一部のファンが暴徒化するという事件が起こり、翌72年から80年までの9年間は場所をニューヨークに移 ...

Hell Up In Harlem / Edwin Starr Motown '74 フレッド・ウィリアムソン主演の映画『Black Caesar』は興行成績が良かったのか、間を置かずに続編が制作された。サントラは『Black Caesar』に引き続きJBが当初は手がけるも、JBが用意した楽曲を映画制作サイドが何と「ファ ...

Times Have Changed / The Impressions Curtom '72 ソウル・ヴォーカル・グループのスタイルを確立したと評されるインプレッションズ。「People Get Ready」をはじめとする60年代半ばまでの作品が今も高く評価されているのに対し、60年代末から70年代初め頃までの作品は、 ...

Rise Sleeping Beauty / Lenny Williams Motown '75 在籍期間は1973年~1975年の3年ほど、アルバムにして『Tower Of Power』『Back To Oakland』『Urban Renewal』の3枚のみだったのにも関わらず、タワー・オブ・パワーのリード・ヴォーカルと言えばまずレニー・ウィリア ...

Willie Dynamite / J.J. Johnson MCA '74 『Across The 110th Street』 『Cleopatra Jones』などのブラックスプロイテーション・サントラの名作を手がけたJ.J.ジョンソン。ニューヨークを縄張りに成り上がらんとするピンプを描いた『Wille Dynamite』のサントラとなる本作 ...

1514 Oliver Avenue(Basement) / Mind & Matter Numero '13 マインド&マターはミネアポリスの11人編成の大所帯バンド。かのジミー・ジャムがまだ高校生の時に結成。リリースはシングル1枚のみでバンドは解散、ジミー・ジャムはモーリス・デイや長年の相棒となるテリー・ ...

On TV / Blowfly Weird World '74 謎の覆面怪人、ブロウフライ。その正体はマイアミ・ソウルの名プロデューサー/ソングライター/シンガー、クラレンス・リード。映画やら星座など、毎回テーマを設けてフザケたエロ路線のアルバムをかなりの枚数リリースしている。ジャケ ...

Stu Gardner And The Sanctified Sound Volt '74 このステュ・ガードナーという人は、ビル・コスビー・ショウの音楽監督をやっていた人らしいとのこと。アルバムも何枚かリリースしているようだが、なかではビッグマウス名義で出した作品と、73年の本作が1番知られた作品 ...

Give, Get, Take And Have / Curtis Mayfield Curtom '76 70年代前半に怒涛の勢いでニュー・ソウル名盤をリリースし続けたカーティス・メイフィールド。商業的には『Superfly』がピークで、次の『Back To The World』もソウル・チャート1位を記録したものの、以降は売上規 ...

Cleopatra Jones / J.J. Johnson Warner Bros. '73 ファッション・モデル出身のタマラ・ドブソン主演のブラックスプロイテーション映画『Cleopatra Jones』(邦題『ダイナマイト諜報機関 クレオパトラ危機突破』も秀逸)。スコアを手がけたのは、『Across 110th Street』 ...

Keepin' It Together / Lonnie Hewitt Wee '77 カル・ジェイダーの作品などに参加していた鍵盤奏者、ロニー・ヒューイット。およそソウルのレコードとは思えないジャケットの本作『Keepin' It Together』は、ロニーの唯一のリーダー作。レイ・オビエド、ポール・ジャクソ ...

Trouble Man / Marvin Gaye Tamla '72 『Shaft』『Superfly』が映画・サントラとも大ヒットしたことを受けて、1972年以降はブラックスプロイテーション・ムービーのサントラを著名黒人アーティストが手がけるケースが増加。ボビー・ウォマック『Across 110th Street』、ロ ...

Sparkle / Aretha Franklin Atlantic '76 先日から非常に心配な情報が伝えられているアレサの回復を祈りつつ、今日はこの70年代後半の名盤を。67年のアトランティックからの1stアルバム『I Never Loved A Man The Way I Love You』を皮切りに、『Lady Soul』や『Live At F ...

Those Sexy Moments / The Moments Stang '74 ハリー・レイ、アル・グッドマン、ビリー・ブラウンの3人からなる、ニュージャージーを代表するソウル・ヴォーカル・グループ、モーメンツ。かの女帝、シルヴィア・ロビンソンのレーベル、オール・プラチナム傘下のスタングよ ...

↑このページのトップヘ