FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

カテゴリ:Slave

Show Time / Slave Cotillion '81 スレイヴの通算6作目のアルバム『Showtime』。バンドのイニシアティブを握っていた、フィアレス・リーダーことスティーヴ・ワシントンが前作『Stone Jam』を最後に脱退し、本作はスティーヴ・アーリントン主導で制作。中核メンバー脱退に ...

Slave Cotillion '77 オハイオを代表する大型ファンク・バンド、スレイヴの1stアルバム。80年の代表作『Stone Jam』や、その前の『Just A Touch Of Love』あたりでバンド独自のファンク・サウンドを確立するが、この1stアルバムの時点ではまだ同郷の先達であるオハイオ・ ...

Stone Jam/Slave Cotillion '80オハイオ出身のバンド、スレイヴの5作目『Stone Jam』。これは、80年代屈指のヘヴィー・ファンク・アルバム。リーダー、スティーヴ・ワシントンを中心に、ドラムスのスティーヴ・アーリントン、ベースのマーク・アダムスによる重量級リズム・ ...

↑このページのトップヘ