FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

カテゴリ:80's Soul

Live In Europe / Curtis Mayfield Ichiban '88 70年代前半の輝かしいキャリアと比較すると、80年代はカーティスにとって苦渋の時代だったに違いない。88年リリースの本作は、そんな第一線からは大きく遠ざかっていた頃のライヴ盤。しかしながら、UK発のレア・グルーヴ以 ...

Between The Sheets / The Isley Brothers T-Neck '83 ファンク・バンド受難のディスコ・エラを何とか乗り切ったアイズレーだが、ヒットの規模は徐々に縮小。一方で年少組3人がアルバム/楽曲制作のイニシアティヴを執る場面が多くなるものの、バンドへの貢献を年長組にな ...

Neither Fish Nor Flesh / Terence Trent D'arby CBS '89 世界的なヒットを記録したデビュー作『Introducing The Hardline Acording To Terence Trent D'arby』に続いてリリースした、テレンス・トレント・ダービーの2ndアルバム『Neither Fish Nor Flesh』。前作で音楽界 ...

Live In Los Angeles / Maze featuring Frankie Beverly Capitol '86 フランキー・ビヴァリー率いるソウル・バンド、メイズの86年ロサンゼルスでのライヴ盤。メイズのライヴ盤と言えば、何と言っても名盤『Live In New Orleans』があるが、この『Live In Los Angeles』も ...

Faith / George Michael Columbia '87 ジョージ・マイケルの突然の訃報に触れ、久々に『Faith』を聴いた。洋楽を聴き始めた中学生の頃、ワムは解散間近で、「The Edge Of Heaven」がヒットしていた。もちろん、それ以前の「Wake Me Up Before You Go-Go」や「Freedom」、 ...

First Flight / Crystal Winds Cash Ear '82 シカゴのファンク・バンド、ラスプーティン・スタッシュの残党を含むユニット、クリスタル・ウィンズ。唯一のアルバムとなる本作『First Flight』は、アーバン・メロウでジャジーなモダン・ソウル/AOR好盤。美しくロマンティ ...

Sweet Magic / Lee McDonald Debbie '81 ニュー・ジャージーのマイナー・レーベルからリリースされた鬼レア盤。妖気漂うチープ過ぎるイラスト・ジャケットでお馴染みの、リー・マクドナルドの唯一のアルバム『Sweet Magic』。フィラデルフィアのグループ、エクスタシー・ ...

Mellow Madness Kay-Dee '12 ノース・カロライナの音楽学校の学生バンド、メロウ・マッドネス。80年にシングル1枚をリリースしたのみで消えていったバンドだが、30余年の時を経てケブ・ダージとケニー・ドープのレーベル、ケイ・ディーが未発表曲をサルヴェージしてリリー ...

Wynne Jammin' / Philippe Wynne Uncle Jam '80 フィリー録音で大ヒットを連発したアトランティック時代のスピナーズのリード・シンガー、フィリップ・ウィン。Pファンクとの関連性で言えば、スピナーズ加入前にブーツィー&キャットフィッシュのバンド、ハウス・ゲスツに ...

Crying For Love / Bridge FER '99 77年にノーマン・コナーズ・プロデュースによるアルバム『Sharing』1枚を残すソウル・グループ、ヴァイタミンE。そのメンバーであったドラマー、ポール・ティルマン・スミス関連の音源としては、個人的にお気に入りのベイエリア・ファン ...

One Way Love Affair / Sadane Warner Bros. '81 ジェイムス・エムトゥーメイとレジー・ルーカスが送り出した男性シンガー、マーク・サダーンの1stアルバム『One Way Love Affair』。本作は80年代前半のソウル・アルバムとしては、かなりの上位に入る傑作。エムトゥーメイ ...

Club Classics Vol. One / Soul Ⅱ Soul Virgin '89 コレは当時リアルタイムでハマった思い出深き1枚。「Keep On Movin'」をラジオで初めて聴いた時、かなりの衝撃を受けた。重く引きずるような無機質なビートの上に、流麗なストリングスや鍵盤が流され、ソウルフルな女性 ...

On The Horizon / Tashan OBR '89 これはリアルタイムで愛聴していた作品。デフ・ジャム傘下のR&Bレーベル、OBRからリリースされたテイシャーンの2ndアルバム。レーベル・カラーもあって、ヒップホップの影響を受けたストリート感臭うサウンド・メイクに、70年代ソウルの ...

Silky Soul / Maze featuring Frankie Beverly Warner Bros '89 コレは当時リアルタイムで聴いた思い出深い1枚。メイズは77年のデビュー以来、地味だが質の高いソウル・ミュージックを生真面目に作り続けてきた職人バンド。そんな彼らも89年の本作『Silky Soul』では、時 ...

Future Flight Capitol '81 ラモン・ドジャー・プロデュースによる4人組バンド、フューチャー・フライトの唯一のアルバム。同時期にやはりラモン・ドジャーが手がけたジンガラ同様、本作も80年代ソウルの傑作。このバンドの最大の魅力は、ドラムス/リード・シンガーのの ...

We Go A Long Way Back / Bloodstone T-Neck '82 60年代から活動するグループ、ブラッドストーン。当初はメンバーが楽器を演奏しファンク・バンドとしての体裁を取っていたが、次第にヴォーカル・グループ的な形態にシフト・チェンジしていった。本作は80年代に入りアイズ ...

Something To Believe In / Curits Mayfield RSO '80 75年の『There's No Place Like America Today』は、今ではカーティスのベスト・アルバムの1枚として名高いが、当時はセールス面で惨敗。その為か、70年代後半のカーティスは、社会派メッセージとファンク・サウンドを ...

Introducing The Hardline According To Terence Trent D'arby Columbia '87 アメリカからドイツ経由でイギリスに渡りデビューしたテレンス・トレント・ダービー。このデビュー作は世界的な大ヒットを記録。日本のラジオでも「If You Let Me Stay」や「Wishing Well」がよ ...

Changes/Keni Burke RCA '82 60年代後半にシカゴのファミリー・キッズ・グループ、ファイヴ・ステアステップスとしてキャリアをスタート、70年代後半~80年代初め頃には、ベーシストとしてカーティス・メイフィールドやスライ・ストーンなどの録音にも参加したケニ・バー ...

Live In New Orleans/Maze featuring Frankie Beverly Capitol '81ロウ・ソウルというバンド名で70年代初頭から活動、やがてマーヴィン・ゲイの目に留まり、マーヴィンのツアーの前座としてフックアップされる。マーヴィンは彼らの演奏を非常に気に入っていたらしく、マー ...

↑このページのトップヘ