FUNK OF AGES

FUNKencyclopedia of FUNKamentalism

カテゴリ:80's Soul

We Belong Together / L.V. Johnson Phono '81 シカゴ出身のソウル・シンガー、L.V.ジョンソン。70年代初めから同郷のタイロン・デイヴィスのソング・ライターなどとして活動、自身のシングルも何枚か出しているようだが、アルバムのリリースが叶ったのは80年代に入ってか ...

In A Special Way / DeBarge Gordy '83 1978年にモータウン傘下のゴーディーからデビューしたバンド、スウィッチのメンバーであったボビーとトーマスのデバージ兄弟が、80年代に入り下の弟妹たちと結成した6人組のファミリー・グループ、デバージ。90年代初頭までの約10年 ...

It's About Time / Marvin Holmes BDR '83 ベイエリアのマイナーなレーベル、ブラウン・ドアを主宰し、自身のバンドであるジャスティスを率い同レーベルから2枚のアルバムをリリースしたギタリスト、マーヴィン・ホームズ。その2枚のアルバム『Summer Of ’73』『Honor Th ...

Caravan Of Love / Isley Jasper Isley Epic '85 アイズレー・ブラザーズは1982年の『Between The Sheets』を最後に、アーニー・アイズレー、マーヴィン・アイズレー、クリス・ジャスパーの年少組3人が脱退。ヴォーカル・グループの年長組に対し、ほとんどの楽器演奏はも ...

Coming Home / Truth Devaki '80 ブラインド×エロジャケでも有名な、名盤の誉れ高いトゥルース『Coming Home』。このグループの前身は、60年代後半にオハイオ州はクリーヴランドで結成された5人組ヴォーカル・グループ、インペリアル・ワンダーズとのこと。インペリアル ...

Zingara Wheel '81 このジンガラという謎のグループはワリ・アリなるシンガー/ギタリストを中心とした4人組で、意味不明なジャケットの本作が唯一のリリース。このアルバムのプロデュース及び全9曲中8曲の作曲を手がけたのはラモン・ドジャー。本作と同時期にやはりドジ ...

Rockin' You Eternally / Leon Ware Elektra '81 何よりもソングライター/プロデューサーとして輝かしい功績を残したレオン・ウェアだが、シンガー/ソロ・アーティストとしても地道に活動を続けてきた。1972年リリースのレオンの1stソロ・アルバムは、ジャケも内容も地 ...

Spell / Deon Estus Mika '88 ワム!やジョージ・マイケルのソロ作に参加していたベーシスト、ディオン・エスタス。87年のジョージの1stソロ・アルバム『Faith』でもイイ働きをした彼が、翌年リリースした唯一のリーダー作が本作『Spell』。これはベーシストのアルバムと ...

I'm Moving On / Larry T. And The Family LET Music '80 カンサスシティ出身でオークランドで活動していたギタリスト、ラリーTことラリー・ユージン・トンプソン。本作『I'm Moving On』は80年に自主レーベルからリリースした、おそらく唯一のリーダー作。作曲、アレン ...

Live In Europe / Curtis Mayfield Ichiban '88 70年代前半の輝かしいキャリアと比較すると、80年代はカーティスにとって苦渋の時代だったに違いない。88年リリースの本作は、そんな第一線からは大きく遠ざかっていた頃のライヴ盤。しかしながら、UK発のレア・グルーヴ以 ...

Between The Sheets / The Isley Brothers T-Neck '83 ファンク・バンド受難のディスコ・エラを何とか乗り切ったアイズレーだが、ヒットの規模は徐々に縮小。一方で年少組3人がアルバム/楽曲制作のイニシアティヴを執る場面が多くなるものの、バンドへの貢献を年長組にな ...

Neither Fish Nor Flesh / Terence Trent D'arby CBS '89 世界的なヒットを記録したデビュー作『Introducing The Hardline Acording To Terence Trent D'arby』に続いてリリースした、テレンス・トレント・ダービーの2ndアルバム『Neither Fish Nor Flesh』。前作で音楽界 ...

Live In Los Angeles / Maze featuring Frankie Beverly Capitol '86 フランキー・ビヴァリー率いるソウル・バンド、メイズの86年ロサンゼルスでのライヴ盤。メイズのライヴ盤と言えば、何と言っても名盤『Live In New Orleans』があるが、この『Live In Los Angeles』も ...

Faith / George Michael Columbia '87 ジョージ・マイケルの突然の訃報に触れ、久々に『Faith』を聴いた。洋楽を聴き始めた中学生の頃、ワムは解散間近で、「The Edge Of Heaven」がヒットしていた。もちろん、それ以前の「Wake Me Up Before You Go-Go」や「Freedom」、 ...

First Flight / Crystal Winds Cash Ear '82 シカゴのファンク・バンド、ラスプーティン・スタッシュの残党を含むユニット、クリスタル・ウィンズ。唯一のアルバムとなる本作『First Flight』は、アーバン・メロウでジャジーなモダン・ソウル/AOR好盤。美しくロマンティ ...

Sweet Magic / Lee McDonald Debbie '81 ニュー・ジャージーのマイナー・レーベルからリリースされた鬼レア盤。妖気漂うチープ過ぎるイラスト・ジャケットでお馴染みの、リー・マクドナルドの唯一のアルバム『Sweet Magic』。フィラデルフィアのグループ、エクスタシー・ ...

Mellow Madness Kay-Dee '12 ノース・カロライナの音楽学校の学生バンド、メロウ・マッドネス。80年にシングル1枚をリリースしたのみで消えていったバンドだが、30余年の時を経てケブ・ダージとケニー・ドープのレーベル、ケイ・ディーが未発表曲をサルヴェージしてリリー ...

Wynne Jammin' / Philippe Wynne Uncle Jam '80 フィリー録音で大ヒットを連発したアトランティック時代のスピナーズのリード・シンガー、フィリップ・ウィン。Pファンクとの関連性で言えば、スピナーズ加入前にブーツィー&キャットフィッシュのバンド、ハウス・ゲスツに ...

Crying For Love / Bridge FER '99 77年にノーマン・コナーズ・プロデュースによるアルバム『Sharing』1枚を残すソウル・グループ、ヴァイタミンE。そのメンバーであったドラマー、ポール・ティルマン・スミス関連の音源としては、個人的にお気に入りのベイエリア・ファン ...

One Way Love Affair / Sadane Warner Bros. '81 ジェイムス・エムトゥーメイとレジー・ルーカスが送り出した男性シンガー、マーク・サダーンの1stアルバム『One Way Love Affair』。本作は80年代前半のソウル・アルバムとしては、かなりの上位に入る傑作。エムトゥーメイ ...

↑このページのトップヘ