FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

タグ:1972

Joey / Little Beaver Cat '72 マイアミのギタリスト、リトル・ビーヴァーの1stアルバム『Joey』。ベティ・ライト「Clean Up Woman」をはじめ、多くのマイアミ産ソウルで印象的なギターを披露してきたウィリー・ヘイルが、リトル・ビーヴァーの名前でリリースした本作は、 ...

Xingu / El Combo Xingu IRT '72 チリのバンド、エル・コンボ・シングーの2ndアルバム。これは評判どおりのラテン・ファンク/レア・グルーヴの傑作で、ゴツゴツしたラグドなファンク・サウンドは非常にカッコいい。埃っぽいグルーヴが突っ走るラテン・ファンク「Baja A L ...

Why Can't We Live Together / Timmy Thomas Glades '72 ティミー・トーマスの1stアルバムとなる本作『Why Can't We Live Together』は、70年代のソウル・ミュージックの中でも、一際異彩を放つ作品。アルバム全編に渡り、演奏はリズム・ボックスとオルガンのみ。リズム・ ...

Young, Gifted And Black / Aretha Franklin Atlantic '72 67年のアトランティック移籍1枚目『I Never Loved A Man The Way I Love You』から、クイーン・オブ・ソウルの異名を欲しいままにしてきたアレサ。南部のミュージシャンを起用し、ふくよかなサザン・ソウルの芳 ...

Occasional Rain / Terry Callier Cadet '72 ソウル/フォーク/ジャズを自在に越境するシンガー/ギタリスト、テリー・キャリアー。70年代前半のニュー・ソウル期に、チャールズ・ステップニーのプロデュースのもとリリースしたカデット3部作はいずれも名作の誉れ高く、 ...

Pleasure / Ohio Players Westbound '72 オハイオ・プレイヤーズのウェストバウンドでの2枚目のアルバム『Pleaasure』。もうジュニーの異能・個性全開のアルバムで、作曲・アレンジ・プロデュースからヴォーカルまで、ジュニーが完全にバンドのイニシアティヴを握っている ...

Miss Thing / Grupo Oz Raff '72 メキシコのファンク・バンド、グルーポ・オズの唯一のアルバム『Miss Thing』。ラテン・ファンク/レア・グルーヴ名盤としてその筋では評価の高い作品だが、確かにコレはファンク・アルバムとしてかなりのモノ。分厚いホーン・セクション ...

Let's Stay Together / Al Green Hi '72 アル・グリーンの代表作『Let's Stay Together』。ハイのリズム・セクションが繰り出す魔法のグルーヴと、アルの抑制された甘いヴォーカルが絶妙なバランスで融合し、黄金のソウル・ミュージックを生み出した記念碑的作品。その最 ...

Energy Control Center / The Lightmen Plus One Lightin' '72 テキサス出身のドラマー、ブッダ・トーマス率いるライトメンの72年作『Energy Control Center』。怪しげなジャケットからも窺えるが、スピリチュアル・ジャズを色濃く反映したファンク/レア・グルーヴ・サウ ...

Funky Music Machine / Maceo & All The King's Men Excello '72 JBのバンドを解雇されたメイシオ・パーカーをはじめとするメンバーが結成したバンド、メイシオ&オール・ザ・キングス・メンの2ndアルバム『Funky Music Machine』。JBのコントロールから解き放たれた解放 ...

Electrified / Ernie Hines We Produce '72 ミシシッピ出身のギタリスト/シンガー、アーニー・ハインズが、スタックス傘下のウィー・プロデュースからリリースした唯一のアルバム。『Electrified』。オーソドックスな70'sサザン・ソウルで、この時期らしくニュー・ソウル ...

Howard Tate Atlantic '72 60年代から活動するディープ・ソウル・シンガー、ハワード・テイト。アトランティックからリリースされた本作は2ndアルバムにあたり、70年代唯一の作品。名匠ジェリー・ラガヴォイのプロデュースで、バーナード・パーディー、ジェリー・ジェモッ ...

Cymande Janus '72 カリブやアフリカ系移民が中心となりロンドンで結成された、ゴッタ煮ファンク/アフロ/カリビアン・バンド、サイマンデ。70年代にリリースした3枚のアルバムは、いずれもアーシーで真っ黒けなアフロ・ファンク・サウンドで埋め尽くされた必聴盤だが、 ...

Composite Truth / Mandrill Polydor '72 ニューヨークはブルックリンで結成されたバンド、マンドリル。とは言っても、中心メンバーのウィルソン兄弟はパナマ出身とのことで、ジャケットに写るメンバーを見ても分かるとおり黒白混淆、ファッションも多民族。その音楽性も ...

Last Days And Time / Earth, Wind & Fire Columbia '72 コロンビア移籍第一弾となるアースの3rdアルバム『Last Days And Time』。ワーナーから2作リリースした後、メルヴィン・ヴァン・ピープルズのブラックスプロイテーション映画『Sweet Sweetback's Baadasssss Song』 ...

Smilin' / The Nineteenth Whole Eastbound '72 ウドゥン・グラス名義でのライヴ盤がジャズ・ファンク/レア・グルーヴ名盤として名高いヴィブラフォン奏者、ビリー・ウッテン。そのライヴ盤の録音と同時期に、ナインティーンス・ホール名義でイーストバウンドからリリー ...

Super Freak / Pucho & The Latin Soul Brothers Zanzee '72 ニューヨーク・ラテンのティンバレス奏者、ヘンリー・“プーチョ”・プラウン率いるバンド、プーチョ&ラテン・ソウル・ブラザーズ。このバンドのジャズ・ファンク/レア・グルーヴ的な1番人気は、バーナード・ ...

Be Altitude : Respect Yourself / The Staple Singers Stax '72 ステイプル・シンガーズの代表作『Be Altitude : Respect Yourself』。70年代初頭のブラック・パワーの盛り上がり、ニュー・ソウルの興隆といった大きな波に、アル・ベル率いる新生スタックスは上手く乗っ ...

Moon Shadow / Labelle Warner Bros. '72 パティ・ラベル、ノナ・ヘンドリクス、サラ・ダッシュからなる女性3人組グループ、ラベル。アラン・トゥーサン・プロデュースの特大ヒット「Lady Marmalade」が何と言っても有名だが、本作『Moon Shadow』はそれ以前にリリースさ ...

Chicken Lickin' / Funk Inc. Prestige '72 オルガン奏者、ボビー・ワトリーを中心に結成された5人組ジャズ・ファンク・グループ、ファンク・インクの2ndアルバム『Chicken Lickin'』。このバンドのアルバムはどれを聴いても似たような感じではあるけれど、最初の2枚は聴 ...

↑このページのトップヘ