FUNK OF AGES

FUNKencyclopedia of FUNKamentalism

タグ:1972

Young, Tough And Terrible / The Lost Generation Brunswick '72 ロウレル・サイモン率いるシカゴの4人組ヴォーカル・グループ、ロスト・ジェネレーション。アルバムはブランズウィックからリリースした2枚のみで、その後ロウレルは地元シカゴに根を張りソングライター/ ...

Cane And Able Epic '72 1972年に2枚のアルバムを残している8人組のバンド、ケイン・アンド・エイブル。カナダ出身のバンドながら、2枚のアルバムはいずれもパリ録音と思われ、仏エピックからのリリース。プロデューサーもクロード・デルクルーというフランス人ジャズ・ド ...

Chakachas Avco '72 チャカチャスはベルギーのラテン系スタジオ・ミュージシャンたちが50年代末に結成したバンドで、60~70年代にコンスタントにアルバムをリリースしている模様。最もよく知られている曲は、女性の喘ぎ声入りラテン・ファンク/レア・グルーヴ・クラシッ ...

People... Hold On / Eddie Kendricks Tamla '72 デイヴィド・ラフィンと並ぶ二枚看板として60年代のテンプテーションズを支えたエディ・ケンドリックス。71年にテンプス脱退後はソロ・シンガーへと転身、本作『People... Hold On』は2ndアルバムとなる。やはりまず気にな ...

Joy Of Cookin' / Joe Thomas Groove Merchant '72 1940年代末からクラブで演奏するなどプロの音楽家として活動していたというジャズ・フルート奏者、ジョー・トーマス。初めてリーダー作を発表したのは60年半ばのようだが、コンスタントにアルバムをリリースするようにな ...

Blacula / Gene Page RCA Voctor '72 1972年公開の映画『吸血鬼ブラキュラ』。タイトルから察しがつくとおり黒人版ドラキュラで、もちろん未見だがC級トンデモホラーだということは想像がつく(ソウル・オブ・ブラック・ムービーによると、"ブラック版ホラーの先駆け的不 ...

The Wooden Glass Recorded Live featuring Billy Wooten Interim '72 ニューヨーク出身のヴィブラフォン奏者、ビリー・ウッテンは、70年代に入るとインディアナポリスに活動の拠点を移す。70年代初めにはグラント・グリーンのバンドに加入。ほどなくしてグリーンのバンド ...

Shuckin' 'N Jivin' / Johnny Lewis Quartet Jaro '72 60年代からプロとしての活動を開始したというシアトルのサックス奏者、ジョニー・ルイス。70年代に入ると自身のカルテットを結成、地元のライヴ・ハウスのハウス・バンドとして起用された。本作『Shuckin' 'N Jivin' ...

On The Rocks / Whatnauts Stang '72 ニュージャージー3人組ヴォーカル・グループ、ホワットノーツ。ジャージー・ソウルの黒幕、ミッキー&シルヴィア・ロビンソン夫妻主宰のオール・プラチナム傘下のレーベル、スタングから、スウィート・ヴォーカル・グループの名伯楽、 ...

Maxayn Capricorn '72 元アイケッツのマクサン・ルイスと、その夫のアンドレ・ルイスを中心に結成されたバンド、マクサン。マクサン名義では70年代前半に3枚のアルバムをリリースしているが、本作は彼らの1stアルバム。73年の2ndアルバム『Mindful』ではメンバーが4人に固 ...

Talk To The People / Les McCann Atlantic '72 レス・マッキャンはとにかくリリース数が多く、とてもそのキャリアを追いきれたものではない。自分は60年代末から70年前半の作品(の一部)しか聴けていないが、この時代のアルバムにはニュー・ソウル的なムードが充満してい ...

Black Ruby / Ruby Andrews Zodiac '72 ミシシッピ生まれでシカゴで活動した女性ソウル・シンガー、ルビー・アンドリュース。本作『Black Ruby』はシカゴのレーベル、ゾディアックからリリースした2ndアルバム。3人組ソングライター/プロデューサー・チームで、ヴォーカ ...

Reality Blue Elephant '72 海をバックにテトラポットに座る男達という何だか期待させるジャケット。リアリティという検索しにくいバンド名ゆえ、『Rare Groove A to Z』に掲載された僅かな情報以外には何も分からなかったこの盤が、Pヴァインのお宝発掘シリーズ、グルー ...

It's Just A Matter Of Time / Bobby Patterson Paula '72 60年代から、シンガーとしてのみならず、ソングライター/アレンジャー/プロデューサーとして才能を発揮したボビー・パターソン。70年代には、ポーラ/ジュウェル・レーベルを根城にトミー・ヤングなどを手がけた ...

Newport In New York '72 Vol.6 The Soul Sessions Cobblestone '72 1954年に始まったという伝統あるニューポート・ジャズ・フェスティバルは、71年に会場に入れなかった一部のファンが暴徒化するという事件が起こり、翌72年から80年までの9年間は場所をニューヨークに移 ...

Times Have Changed / The Impressions Curtom '72 ソウル・ヴォーカル・グループのスタイルを確立したと評されるインプレッションズ。「People Get Ready」をはじめとする60年代半ばまでの作品が今も高く評価されているのに対し、60年代末から70年代初め頃までの作品は、 ...

Different Strokes / The Nite-Liters RCA '72 ナイト・ライターズの4作目『Different Strokes』。ヴォーカル・グループのラヴ・ピース&ハピネスが合流した大型ファンク/ソウル・バンド、ニュー・バースとしての活動も軌道に乗り、そちらと並行してナイト・ライターズと ...

Hot Thang / Eddy Senay Sussex '72 デトロイトのジャズ・ファンク・ギタリスト、エディー・セネイがサセックスからリリースした2枚のアルバムのうちの1作目『Hot Thang』。洗練などとは無縁の、煤けて汚れたイナタいB級ソウル・ジャズ/ジャズ・ファンク作品。どちらかと ...

The Great White Cane Lion '72 White Cane = 白仗、ということで、何だかよく分からんが、ジャケットにデカデカと登場する白い杖状の生き物が Great White Cane なのだろうか。アルバム1枚で終わったこのバンドは、キャリア初期のリック・ジェイムズがメンバーに名を連 ...

Trouble Man / Marvin Gaye Tamla '72 『Shaft』『Superfly』が映画・サントラとも大ヒットしたことを受けて、1972年以降はブラックスプロイテーション・ムービーのサントラを著名黒人アーティストが手がけるケースが増加。ボビー・ウォマック『Across 110th Street』、ロ ...

↑このページのトップヘ