FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

タグ:1973

Come And Get Me I'm Ready / Kim Tolliver Chess '73 テネシー生まれ、オハイオ州クリーヴランドを拠点に活動した女性ソウル・シンガー、キム・トリヴァー。アルバムは70年代に2枚あるようだが、本作『Come And Get Me I'm Ready』は73年の2ndアルバム。録音はクリーヴラ ...

Black Grass Music / Bad Bascomb Paramount '73 ウィルバー・バスコムはニューヨークで活動していたセッション・ベーシスト。あまりこの名前を意識して聴いていなかったのだが、本ブログでこれまでにレヴューした作品だけでも、メルヴィン・スパークス『Texas Twister』 ...

I've Been Lonely For So Long / Frederick Knight Stax '73 70年代末のディスコ・ヒット、アニタ・ワード「Ring My Bell」のプロデューサーとしても知られる、アラバマ出身のシンガー・ソングライター、フレデリック・ナイトがスタックスからリリースした1stアルバム『I' ...

Doing What Comes Naturally / Charles Wright ABC '73 チャールズ・ライト&ザ・ワッツ103rdストリート・リズム・バンドは、60年代後半から70年代初頭にかけてワーナーから5枚のアルバムをリリース。スライ&ザ・ファミリー・ストーンとともに、西海岸のファンク・シーン ...

Cleopatra Jones / J.J. Johnson Warner Bros. '73 ファッション・モデル出身のタマラ・ドブソン主演のブラックスプロイテーション映画『Cleopatra Jones』(邦題『ダイナマイト諜報機関 クレオパトラ危機突破』も秀逸)。スコアを手がけたのは、『Across 110th Street』 ...

Superfly T.N.T. / Osibisa Buddah '73 70年代前半に数多く制作されたブラックスプロイテーション・ムービー。その中でも、映画本編の内容、及びそのサウンドトラック盤ともに最高峰とされる1972年公開の『Superfly』。とは言っても、この手の映画で自分が見たことがある ...

Running Water / Clarence Reid Alston '73 アルストンを中心に数多くのマイアミ産ソウル・ミュージックに裏方として関わってきたプロデューサー/ソングライター、クラレンス・リード。基本的に裏方志向の強い人だと思われるが、正体を隠し(?)謎の覆面怪人ブロウフラ ...

Do You Still Feel The Same Way / Tommie Young Soul Power '73 テキサス生まれの女性ソウル・シンガー、トミー・ヤングの1stアルバム『Do You Still Feel The Same Way』。本作はジュウェル参加のレーベル、ソウル・パワーからのリリース。このソウル・パワーというのは ...

Black Whip / Ivan "Boogaloo Joe" Jones Prestige '73 主に70年代前半にプレスティッジ・レーベルで活動したジャズ・ファンク・ギタリスト、アイヴァン ”ブーガルー・ジョー” ジョーンズ。ギターの技術的なことは分からないのだが、例えば同じ時期にプレスティッジに所 ...

Ⅱ / The Sylvers Pride '73 ロサンゼルスの兄弟姉妹6人組グループ、シルヴァーズ。50年代末に結成された時は全員10歳未満だったようだが、レコード・デビューを果たした70年代前半には最早ティーン・グループとは言えなくなっていたハズ。それでも、この時代の兄弟グルー ...

Live At Glen Mills Reform School For Boys / Sound Experience GSF '73 フィラデルフィアの大型ファンク・バンド、サウンド・エクスペリエンスは3枚のアルバムを残しているが、本作は73年リリースの1stアルバム。アルバム・タイトルから分かりとおり本作はライヴ盤だが、 ...

Brother On The Run / Johnny Pate Perception '73 60年代にはインプレッションズのアレンジャーとして数多くの名曲に携わり、70年代に入るとソロ独立後のカーティス・メイフィールドの傑作群で辣腕を振るったジョニー・ペイト。カーティス作品での仕事は、72年のブラック ...

Soul Makossa / The Ghana Soul Explosion Pickwick International '73 主にRCA原盤のレコードの廉価盤を発売していたというレーベル、ピックウィックからリリースされたガーナ・ソウル・エクスプロージョンなるグループのアルバム『Soul Makossa』。おそらくはスタジオ・ ...

Doin' It Right / Mike Kirkland Bryan '73 1stアルバム『Hang On In There』が裏ニュー・ソウル名盤として名高いマイク・ジェームス・カークランドが、名前をマイク・カークランドと短く改めてリリースした2ndアルバムが本作『Doin' It Right』。ラヴ・ソング主体の本作 ...

Ebony Rhythm Funk Campaign UNI '73 シカゴの8人組ファンク・バンド、エボニー・リズム・ファンク・キャンペーン。8人のうち4人がエボニー・リズム・バンドのメンバーで、レア音源集の『Soul Heart Transplant : The Lamp Sessions』で聴けるややサイケデリックなサウン ...

Stop & Go / Bohannon Dakar '73 60年代にはスティーヴィー・ワンダーのツアーにドラマーとして参加するなど、モータウンのアーティストとの仕事で名を売ったハミルトン・ボハノン。モータウンのLA移転後はデトロイトに残り、自身が中心となりミュージシャンを集め活動。 ...

Black Caesar / James Brown Polydor '73 70年代前半は数多くのブラックスプロイテーション・ムービーが制作され、アイザック・ヘイズ『Shaft』や、カーティス・メイフィールド『Superfly』など、サウンドトラック・アルバムも大ヒット。ニューソウルともリンクしたこの動 ...

Off The Cuff / Freddie Robinson Enterprise '73 50年代からリトル・ウォルターのバンドに加入、その後はブルー・ミッチェルなどの作品に参加、ジャズ/ブルースを股にかけ活動したギタリスト、フレディー・ロビンソン。ソロ作も60年代からポツポツと出していたようだが ...

I Just Can't Help Myself / Terry Callier Cadet '73 テリー・キャリアーのカデット3部作の3枚目、『I Just Can't Help Myself』。『Occasional Rain』『What Color Is Love』、そして本作と、ソウル/フォーク/ジャズを自在に行き来する音楽性はいずれの作品にも共通し ...

Hangin' Out / Funk Inc. Prestige '73 オルガン奏者のボビー・ワトリー率いる5人組ジャズ・ファンク・バンド、ファンク・インク。プレスティッジに残した5枚のアルバムは、いずれもスモーキーでイナタいソウル・ジャズ/ジャズ・ファンク・サウンド。90年代初頭のアシッ ...

↑このページのトップヘ