FUNK OF AGES

FUNKencyclopedia of FUNKamentalism

タグ:1976

Attitudes Dark Horse '76 デイヴィッド・フォスター、ダニー・クーチ、ジム・ケルトナー、ポール・ストールワースの4人により結成されたバンド、アティテューズ。フォスター、クーチ、ケルトナーの3人については改めて言うまでもないだろう。残る1人、ベースのストールワ ...

Shades Of Brown / The John Wagner Coalition Koala '76 かつてキング・レコードのプロデューサーとしても活動していたというジョン・ワグナーなる人物による全曲JBカバーのアルバム『Shades Of Brown』。ワグナーは実際にJBと仕事をしたことがあるという情報もあるが、D ...

Gavin Christoper Island '76 シカゴ出身のシンガー/ソングライター、ギャヴィン・クリストファー。70年代前半には同郷のトニー・メイデン、ボビー・ワトソンらとバンドを結成し活動していたようだが、メイデンとワトソンは74年の『Rufusized』からルーファスへと加入。 ...

Togetherness Is Always A Good Venture Tambourine Party Vol.2 / Super Elcados EMI '76 アフリカ随一のファンク大国、ナイジェリアのバンド、スーパー・エルカドス。70年代後半にアルバムを3枚リリースしているようだが、本作『Togetherness Is Always A Good Venture ...

Music - Music / Lloyd Price LPG '76 1950年代から活躍するルイジアナ主審の黒人シンガー、ロイド・プライス。ロックンロール創成期に数多くのヒット曲を世に送り出しているが、60年代半ば以降はシンガーとしての活動はやや低迷していた模様。76年の本作『Music - Music ...

Get On Down! / East Harlem Bus Stop D&M '76 このイースト・ハーレム・バス・ストップというバンドは、その名のとおりニューヨークはイースト・ハーレムで結成された7人組バンド。アルバムは76年のコレ1枚のみ。当時流行りのダンス・スタイルであるバス・ストップという ...

Rose / Rose Banks Motown '76 『Stand!』『暴動』『Fresh』の3作で、ファンクの歴史に途轍もなく偉大な足跡を遺したスライ&ザ・ファミリー・ストーン。しかしそれ以降は、スライのドラッグ禍やメンバーの離脱で、急激に失速してしまう。75年にスライがソロ・アルバム『H ...

Reachin' / Roger Glenn Fantasy '76 ドナルド・バード『Black Byrd』やジョニー・ハモンド・スミス『Gears』といった、スカイハイ・プロダクションズ制作のジャズ・ファンク名盤に参加していたフルート/ヴィブラフォン奏者、ロジャー・グレン。スカイハイでフルートとい ...

Moods And Grooves / Ju-Par Universal Orchestra Ju-Par '76 ジュ・パー・レコーズは1976年から1978年のごく短期間存在したデトロイトのレーベルで、Discogsによるとその間のリリース数はアルバム・シングル合わせて僅か10枚のみ。そんな弱小ドマイナー・レーベルの1st ...

Bobby Boyd Tiger Lily '76 ニューヨークで結成されたボビー・ボイド率いるバンド、コングレス。その後バンドはフランスへと渡り録音されたアルバム『Bobby Boyd Congress』はレア・グルーヴ名盤と知られているが、アルバム・リリース後にボビーは1人でアメリカへ帰国。フ ...

The Apostles EMI '76 70年代後半から80年代前半にかけて7枚のアルバムをリリースしたナイジェリアの7人組バンド、アポストルズ。この時代のナイジェリアには、フェラ・クティの後を追った優秀なファンク・バンドが一体どれだけいたのかと思わされるが、このアポストルズ ...

Funk Band, Inc RCA '76 ストレート過ぎるが故にかえって匿名的に聞こえてしまうこのバンド名、Funk Band Inc。これに似た名前としては、70年代前半にプレスティッジから5枚のアルバムをリリースしたジャズ・ファンク・バンド、Funk Incが有名。他にも、UKの黒白男女混合 ...

Omo Lewa / Peter King Orbitone '76ナイジェリア出身、60年代にロンドンに留学し、帰国後に自身のバンドを率いて活動するなど、こういったエピソードの多くがフェラ・クティとも共通するサックス奏者、ピーター・キング。しかし、レコードのリリースはフェラよりもずっと ...

Saundra / Saundra Hewitt Discomate '76 サンドラ・ヒューウィットはニューヨークのジャズ・シンガーとのことだが、レコーディング・セッションのキャリアはあまり多くないようで、Discogsで調べてもこのアルバム以外の情報が出てこない。2012年の再発CDのライナーによる ...

A Good Feelin' / William D. Smith Warner Bros. '76 カナダを拠点に活動していたソングライター/鍵盤奏者のウィリアム・D・スミス。シンガーとしても2枚のリーダー作を残しているが、本作『A Good Feelin'』はそのうちの1枚目のアルバム。本作を制作するにあたり、スミ ...

Lydia Pense & Cold Blood ABC '76 最初の2枚はビル・グラハム主宰のサンフランシスコ・レーベルから、3作目以降はワーナー/リプリーズからと、70年代半ばまでに5枚のアルバムをリリースした西海岸の大型ファンク/ロック・バンド、コールド・ブラッド。当初から紅一点の ...

Elementary / Wah Wah Watson Columbia '76 数多のソウル/ファンク/ジャズのレコーディング・セッションに参加し、そのギター・プレイをレコードの溝に刻んできたメルヴィン "ワー・ワー・ワトソン" レイジン。ソウル好きでワトソンのプレイを聴いたことがない人などいな ...

Wood, Brass & Steel Turbo '76 ウッド・ブラス&スティールは7人組のファンク・バンド。アルバムは2枚残しており、1stアルバムとなる本作はオール・プラティナム傘下のターボからリリース。メンバーには、ダグ・ウィンブッシュやスキップ・マクドナルドなど、後のシュガ ...

Heard Ya Missed Me, Well I'm Back / Sly & The Family Stone Epic '76 1975年の、スライ初のソロ名義でのリリースとなった『High On You』は、どこか吹っ切れたような明るさと力感漲るファンクを一部の楽曲で取り戻した、実はなかなかの佳作だったと思うのだが、再びバ ...

Give, Get, Take And Have / Curtis Mayfield Curtom '76 70年代前半に怒涛の勢いでニュー・ソウル名盤をリリースし続けたカーティス・メイフィールド。商業的には『Superfly』がピークで、次の『Back To The World』もソウル・チャート1位を記録したものの、以降は売上規 ...

↑このページのトップヘ