FUNK OF AGES

FUNKencyclopedia of FUNKamentalism

タグ:1977

Music - Let It Thru / The Family Little City '77 ザ・ファミリーと言ってもプリンスの傀儡バンドのことではない。こちらのザ・ファミリーはワシントンDCの5人組ファンク・バンド。アルバムは77年の本作『Music Let It Thru』の1枚のみ。クレジットを見ると非常に興味深 ...

Meat Heat / Ultrafunk Contempo '77 UKのスタジオ・ミュージシャンらによる匿名的なプロジェクト、ウルトラファンク。ヴードゥーの儀式を連想させるジャケットの本作『Meat Heat』は、2枚あるアルバムのうちの2作目にあたる。時代柄、ディスコ色は1stアルバムよりも色濃 ...

Moonpie Lanark '77 昔からレコード屋の雑誌広告でよく見かけていたこの安っぽいジャケットは、PヴァインのGroove-Diggersシリーズからこの度世界初CD化された、テネシー出身の8人組ファンク・バンド、ムーンパイの激レアな唯一のアルバム。バンド・メンバーはヴォーカル ...

When I Get Back Home / Vernon Burch Columbia '77 ワシントンDC生まれのシンガー/ソングライターのヴぁーノン・バーチ。何でも一時期バーケイズにギタリストとして加入していたそうで、確かに手持ちの『Do You See What I See?』の再発CD(ボーナストラック含むジャケ ...

Black Gold / The Mighty Chevelles Flaming Arrow '77 このマイティ・シェヴェルズはアトランタの8人組ファンク・バンド。シングル数枚、アルバムは本作『Black Gold』1枚のみというマイナーなバンドで、他に情報らしい情報もないのだが、このアルバムは70年代後半のファ ...

A Fine Instrument / Leon Debouse Bold '77 マイアミのTK傘下のレーベル、ボールドからリリースされた、レオン・デボウズなるシンガーの唯一のアルバム『A Fine Instrument』。ボールドと言うと、F.A.T.『Funky And Tough』やリード・インクなどが知られているが、本作も ...

The Hardness Of The World / Slave Cotillion '77 全米随一のファンク大国、オハイオ州が誇る大型ファンク・バンド、スレイヴ。77年2月にリリースしたデビュー・アルバム『Slave』からのシングル「Slide」がR&Bチャート1位のヒットを記録、その勢いに乗って1年経たずにリ ...

Angel / Ohio Players Mercury '77 70年代半ば、作品の質的にもセールス的にも全盛を極めたオハイオ・プレイヤーズ。『Skin Tight』『Fire』『Honey』の3枚は、あのファンク・バンド隆盛の時代を代表するアルバムだ。しかしピークはそう長くは続かないもので、76年の『Con ...

In Togetherness "Mr. D.J." / Judy Pollak featuring 33 1/3 Chatsford '77 白人女性シンガーのジュディ・ポラック+デトロイト周辺で活動していたらしいコーラスの黒人男性3人により録音された本作。リリース元のレーベルは、本作とここからのシングル1枚の合計2枚をリ ...

Cutting The Chord / Mother Freedom Band All Plutinum '77 ミッキー&シルヴィア・ロビンソン夫妻の主催するニュージャージーのレーベル、オール・プラチナムからリリースされた、マザー・フリーダム・バンドの唯一のアルバム『Cutting The Chord』。このバンドの素性に ...

Don'tcha Hide It / Both Worlds TPI '77 ボルティモアの黒白混合バンド、ボス・ワールズ。1975年にベスト・オブ・ボス・ワールズ名義でリリースしたアルバム『I Want The World To Know』が最初の作品。その1stアルバムでは、ウィンフィールド・パーカーがヴォーカルとし ...

Shotgun ABC '77 70年代後半~80年代初めに6枚のアルバムをリリースした6人組ファンク・バンド、ショットガン。このバンドの前身は、1973年にスタックス傘下のエンタープライズからアルバム『Ghetto : Misfortune's Wealth』をリリースしたことで知られる24カラット・ゴー ...

The Beginning / Ann Sexton Sound Stage 7 '77 サウス・カロライナ出身の女性ソウル・シンガー、アン・セクストン。アルバムは1973年の『Loving You, Loving Me』と、77年の『The Beginning』の2枚のみ。英ソウル・ブラザー・レコーズの編集盤『The Anthology』には2枚の ...

Hotel Sheet / Jack Ashford Magic Disc '77 モータウン・サウンドと聞いて、どんな音が連想されるだろうか。ジェイムス・ジェマーソンのシンコペイトするグルーヴィーなベースや、ピストル・アレンやユリエル・ジョーンズといったドラマー達が叩き出すバック・ビートなど ...

Sun-Power / Sun Capitol '77 70年代後半から80年代前半にかけて8枚のアルバムをリリースしたオハイオのファンク・バンド、サン。70年代の作品しか聴けていないのだが、なかではデビュー作の『Wanna Make Love』は抜群の内容を誇るオハイオ・ファンクの傑作で、このバンド ...

Electrified Funk / Wild Cherry Epic '77 オハイオ出身の白人5人組バンド、ワイルド・チェリー。元々は70年頃にハードロック・バンドとして結成されるも、まったく売れなかった模様。そんな彼らを尻目に、70年代半ばになるとオハイオ・プレイヤーズをはじめ数多くの優れ ...

Super Trick / N.C.C.U. United Artists '77 N.C.C.U.とは、North Carolina Central University の略だそうで、これはそこの学生たち7人が結成したカレッジ・バンド。本作をプロデュースしたのは、この時この大学で教鞭を執っていたドナルド・バード。このエピソードから ...

The Promise Of Love / Delegation Shadybrook '77 トゥルース『Coming Home』やジャッキー・ボーイ&バッド・バンチ『I've Been Watching You』などブラインド・ジャケは数あれど、なかでも最も広く知られた作品と思われるのが、UKの3人組ヴォーカル・グループ、デレゲー ...

Love And Conversation / J.R. Bailey United Artists '77 ドゥーワップ・グループからキャリアをスタートし、70年代にはシンガー/ソングライターとして活動したJRベイリー。やはり作曲家としての印象が強い人で、代表作は何と言ってもダニー・ハサウェイが『Extension O ...

Black Fist Happy Fox '77 1977年公開のブラックスプロイテーション・ムービー『Black Fist』のサントラ盤。"ソウル・オブ・ブラック・ムービー"によると、何と当時『喧嘩プロフェッショナル』のタイトルで日本でも劇場公開されたとのこと。映画の内容はストリート・ファ ...

↑このページのトップヘ