FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

タグ:1977

Black Fist Happy Fox '77 1977年公開のブラックスプロイテーション・ムービー『Black Fist』のサントラ盤。"ソウル・オブ・ブラック・ムービー"によると、何と当時『喧嘩プロフェッショナル』のタイトルで日本でも劇場公開されたとのこと。映画の内容はストリート・ファ ...

Reaching For The Top / 9th Creation Prelude '77 オークランド出身のファンク・バンド、9thクリエーション。このバンドは3枚のアルバムを残しており、なかではベイエリア・ファンク/レア・グルーヴの名曲「Bubble Gum」や、サンプリングネタとしても知られる「Rule Of ...

Ask Rufus / Rufus featuring Chaka Khan ABC '77 ルーファスの通算5作目のアルバム『Ask Rufus』。3rdアルバム『Rufusized』から、看板シンガーであるチャカ・カーンをより前面に押し出すべくルーファスfeat.チャカ・カーンという名義になったが、チャカと比べて他のバン ...

Aura Chakra '77 カリフォルニア出身のマイナーなファンク・バンド、オーラ。例によって詳しいことはよく分からないバンドだが、唯一のアルバムとなる本作は非常にレアな作品とのこと。クレジットを見る限りでは女性シンガーを含む8人編成のバンドのようで、分厚いホーン ...

Joyous / Pleasure Fantasy '77 70年代後半にファンタジーからコンスタントにアルバムをリリースし続けていたファンク・バンド、プレジャー。本作『Joyous』は彼らの3rdアルバムで、後見人であるウェイン・ヘンダーソンが本作でもプロデュースを担っている。1stアルバム『 ...

We're All In This Together / Chocolate Milk RCA '77 アラン・トゥーサンに見出され70年代半ばにデビューしたファンク・バンド、チョコレイト・ミルク。ニューオリンズらしさを感じさせる部分もあるにはあるが、例えばミーターズのようなゴリゴリのヘヴィー・ファンクを ...

Keepin' It Together / Lonnie Hewitt Wee '77 カル・ジェイダーの作品などに参加していた鍵盤奏者、ロニー・ヒューイット。およそソウルのレコードとは思えないジャケットの本作『Keepin' It Together』は、ロニーの唯一のリーダー作。レイ・オビエド、ポール・ジャクソ ...

Life Force Strawberry Records '77 白人1人を含む6人組バンドの唯一のアルバム。どうにもボヤっとしたバンド名と、到底ヤル気の感じられないジャケット。これでは購買意欲が湧かないが、本作はかなりのレア盤とのこと。このバンドについての情報は何ら持ち合わせていない ...

Sings For Someone You Love / Barry White 20th Century '77 正直なところ、バリー・ホワイトはどうも苦手だ。優雅で豊穣なストリングスをたっぷり設えたシンフォニック・ソウルを奏で、70年代に数多くのヒット曲を放ちマエストロの称号をほしいままにした才人だが、あの ...

Mr. Mean / Ohio Players Mercury '77 全盛期を過ぎヒットの規模も縮小していった頃のオハイオ・プレイヤーズが手掛けたサウンドトラック盤『Mr. Mean』。フレッド・ウィリアムソン主演の映画本編は、ブラックスプロイテーション・ムービーもすっかり下火になった1977年の ...

Keni Burke Dark Horse '77 シカゴのファミリー・グループ、ファイヴ・ステアステップスのメンバーとして活動後、70年代後半からはベーシストとして多くのレコーディング・セッションをこなしたケニ・バーク。この時期のビリー・プレストンやビル・ウィザーズの諸作の他、 ...

Atlas Bellaphon ’77 ジャケットのインパクトがあまりにも強烈なこのアルバム。いったいコレは何なのか理解し難いが、間違いなくファンキーであろうことは容易に想像がつく。オーストリアの9人組バンド、アトラスのおそらく唯一のアルバム。おそらく白人のみのバンドだろ ...

Celebration / Aktion Clover Sound '77 一昨年あたりから、ナイジェリア産アフロ・ファンク・アルバムをモノ凄い勢いで再発しまくっているPMGレーベル。こういった、知られざるナイジェリアン・ファンク作品についてはまったくの素人で、ほとんど情報もないまま、ジャケ ...

Chocolateclay Cat '77 マイアミはTK周辺の作品に関与してきた2人のスタジオ・ミュージシャン、黒人ベーシストのジョージ"チョコレート"ペリーと白人キーボード奏者のクレイ・クロッパーによるユニット、チョコレートクレイの唯一のアルバム。レア・グルーヴやフリー・ソ ...

Peddlin' Music On The Side / Lamont Dozier Warner Bros. '77 作曲家として60年代にはモータウンでヒット曲を大量に送り出し、モータウンを離れた後はインヴィクタス/ホットワックスで精力的に活動したラモン・ドジャー。しかし、もとよりシンガー志向が強く、モータウ ...

Smooth As Silk / Silk Prelude '77 シルクという名前のソウル・グループはいくつか存在するが、本作『Smooth As Silk』はシカゴの3人組ヴォーカル・グループの1stアルバム。シカゴのグループながら、録音は南部のマラコ・スタジオ、プロデューサーはアイザック・ヘイズと ...

Booty People Far out '77 ジェネラル・ケインのリーダー、ミッチ・マクドウェルが、それ以前に結成していた5人組のファンク・バンド、ブーティー・ピープル。本作のプロデュースは、ウォーのベーシストのB.B.ディッカーソンと、ウォーのプロデューサーでもある悪名高いジ ...

Steppin' out / The 13th Floor Blue Candle '77 セントルイス出身のメンバーにより結成された4人組ファンク・バンド、13thフロア。マイアミはTK傘下のレーベル、ブルー・キャンドルからリリースした、バンド雄一のアルバムとなる本作『Steppin' Out』は、オリヴァー・セ ...

Never Say You Can't Survive / Curtis Mayfield Curtom '77 社会派路線を突き進んだ70年代前半のカーティス。75年の『There's No Place Like America Today』は、その集大成となる畢竟の名作だったが、セールス的には大惨敗。既にニュー・ソウル時代は終焉を迎え、社会的 ...

Riding High / Faze-O She '77 シカゴ出身ながらオハイオ・プレイヤーズに見出されたファンク・バンド、フェイズ・オー。70年代後半に3枚のアルバムを残しているが、1stアルバムとなる本作『Riding High』が代表作。オハイオ・プレイヤーズの面々が自らプロデュースを手が ...

↑このページのトップヘ