FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

タグ:1979

I Love, Love, Love, Love, Love, Love, Love My Lady / Arthur Adams A&M '79 ブルースからキャリアをスタートし、セッション・ギタリストとしてクルセイダーズの作品をはじめ膨大な数のレコーディング現場に立ち会ってきたアーサー・アダムス。ソロ・アルバムも数枚残し ...

Lowrell AVI '79 シカゴのヴォーカル・グループ、ロスト・ジェネレーションのメンバーとしても活躍したロウレル・サイモン。2枚のアルバムをリリースしグループは解散、その後ロウレルはソングライターとして活動、ミスティークやナチュラル・フォーなどシカゴのアーティ ...

Eau De Vie / Delegation Ariora '79 UKの3人組ヴォーカル・グループ、デレゲーション。このグループは何といってもメロウ&スウィートなソウル・クラシック「Oh Honey」、及びその曲を含む1stアルバム『The Promise Of Love』が有名だが、メンバー・チェンジを経てリリー ...

Superheroes / 9th Creation Hilltak '79 1stアルバム『Bubble Gum』がベイエリア・ファンク/レア・グルーヴの傑作として知られるバンド、9thクリエーション。このバンドは70年代に3枚のアルバムを残しているようだが、本作『Superheroes』は最終3rdアルバムにあたる。70 ...

Rush Hour / Bobby Rush Philadelphia International '79 ルイジアナ出身、60年代から活動を始め、今も現役バリバリでチトリン・サーキットを回るブルースマン、ボビー・ラッシュ。ようやく1stアルバムのリリースに漕ぎ着けたのが1979年。本作『Rush Hour』がソレだが、シ ...

Since Before Our Time / Osiris Warner Bros. '79 ワシントンDCのファンク・バンド、オサイリス。70年代末から80年代にかけてリリースされた3枚のアルバムは、今だCD化されていない不遇のバンド。本作『Since Before Our Time』は彼らの1stアルバム。当初、トム・ドッグ ...

Secret Omen / Cameo Chocolate City '79 キャメオの最初の3作、『Cardiac Arrest』 『We All Know Who We Are』 『Ugly Ego』 は、このバンド独特のファンク・サウンドの萌芽はそこかしこに窺えるものの、まだ基本的にはPファンクやアース・ウィンド&ファイア、オハイオ ...

Farther Than Imaginaton / Freedom Malaco '79 マラコの大型ファンク・バンド、フリーダム。70年代末から80年代前半にかけて、アルバムは4枚リリースしているようだが、圧倒的な人気を誇るのが1stアルバムとなる本作『Farther Than Imaginaton』。なかでも、このバンドの ...

1 / Natural High Chimneyville '79 マラコの傍系レーベル、チムニーヴィルからリリースされた6人組ヴォーカル&インストゥルメンタル・グループ、ナチュラル・ハイの唯一のアルバム。汗臭くへヴィーなファンクをやるわけでもなく、時代に阿ってあからさまにディスコに傾 ...

Best Of Friends / Twennynine featuring Lenny White Elektra '79 ジャズ/フュージョン・シーンで活躍したドラマー、レニー・ホワイトが結成したバンド、トウェニーナイン。ドン・ブラックマンやエディ・マルティネスといった、その筋では名の通ったセッション・ミュー ...

Winner Takes All / The Isley Brothers T-Neck '79 アイズレーにとって70年代最後のアルバムとなる2枚組『Winner Takes All』。前作『Showdown』までは、ジャケットではギンギラのステージ衣装で着飾っていた兄弟たちだが、本作では普段着の装いという変化が。サウンドの ...

O-Zone / Osiris Marlin '79 オサイリス・マーシュ率いるDCのファンク・バンド、オサイリスの2ndアルバム『O-Zone』。何と言っても本作の最大のトピックは、ジェローム・ブレイリーとホーニー・ホーンズの4人がゲスト参加しているということ。特にジェロームの貢献は大き ...

This Boot Is Made For Fonk-N / Bootsy's Rubber Band Warner Bros. '79 バンド名の使用を巡る裁判に負け、ラバー・バンドの名称が使えなくなってしまったブーツィー。これが一応ラバー・バンド名義での最終作になるかと思いきや、82年のシングル「Body Slam」、91年のミ ...

Bustin' Out Of L Seven / Rick James Motown '79 モータウンの異端ファンカー、リック・ジェイムスの2ndアルバム『Bustin' Out Of L Seven』。リックと言えば81年の『Street Songs』が代表作というのは衆目の一致するところだろうが、1stアルバム『Come Get It』と本作も ...

Instant Funk Salsoul '79 バニー・シグラー絡みのセッションでバックを付けていたフィラデルフィアのファンク・バンド、インスタント・ファンクの2ndアルバム。本作もバニー・シグラーのプロデュースで、華麗なストリングスを纏ったフィリー流儀と、グルーヴィーなディス ...

The Lewis Connection P.A.Productions '79 ミネアポリス発、ピエールとアンドレのルイス兄弟が中心となり、後のNPGのベーシスト、ソニー・トンプソンも加わって結成されたバンド、ルイス・コネクションの唯一かつレアなアルバム。安っぽい(が何か臭う)ジャケット、Cone ...

Let's Talk It Over/Lee Fields Angel 3 '79 ジェイムス・ブラウンは後進に多大な影響を与えたが、数あるJBフォロワーの中でも、そのなりきり度ではボビー・ウィリアムズと共に群を抜くリー・フィールズ。今だ現役のフィールズが、79年にリリースした激レア盤が本作。歌はJ ...

Prince Warner '79プリンスの2nd『愛のペガサス』。デビュー作『For You』はセールス的に惨敗。2ndアルバムはヒットが至上命題だったと思われ、事実このアルバムからは「I Wanna Be Your Lover」が初のR&Bチャート1位のヒットを記録。このあたりの経緯は何となくスライを連 ...

Uncle Jam Wants You/Funkadelic Warner '79シングル「(Not Just)Knee Deep」がソウル・チャート1位になるなど、セールス面では依然好調を維持していたファンカデリックだが、このアルバムの内容は正直微妙。かつてのファンカデリックを特長づける、ギターを押し出したサイ ...

So Sexy/Sidney Joe Qualls Chi Sound '79カール・デイヴィスのチャイ・サウンドからリリースされた、シドニー・ジョー・クオールスの2ndアルバム。アル・グリーン・フォロワーと見なされるシンガーで、抑制された歌い口はアルそのまんまに聴こえる瞬間もあるが、確かな実 ...

↑このページのトップヘ