FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

タグ:1983

Dangerous / General Caine Tabu '83 ミッチ・マクドウェル率いるLAの路上叩き上げのファンク・バンド、ジェネラル・ケイン。前作『Girls』で、フレッド・ウェズリー、メイシオ・パーカー、リチャード・クッシュ・グリフィス、レイ・デイヴィス、ドーン・シルヴァら、Pフ ...

Irresistible Bitch / Prince Warner Bros. 83 シングル「Let's Pretend We're Married」のB面曲。いかにもこの時期のプリンスらしい、紫煙立ちこめるような妖気漂うミネアポリス・ファンク。機械的なヒンヤリとした感触と、生っぽく躍動するグルーヴが同居したサウンドか ...

Between The Sheets / The Isley Brothers T-Neck '83 ファンク・バンド受難のディスコ・エラを何とか乗り切ったアイズレーだが、ヒットの規模は徐々に縮小。一方で年少組3人がアルバム/楽曲制作のイニシアティヴを執る場面が多くなるものの、バンドへの貢献を年長組にな ...

Men Of The Music / The Band AKA Bouvier '83 80年代の3枚のアルバムを残す西海岸のグループ、バンドAKA。プロデューサーのジェイムス・ジャレットによるプロジェクトといった色合いが強く、アルバム制作にあたってはセッション・ミュージシャンを招集して録音したものと ...

Civil Attack Salsoul '83 80年の『Stone Jam』を最後にスレイヴを脱退した”フィアレス・リーダー”、スティーヴ・ワシントン。子飼いのグループ、オーラの作品をプロデュースする傍ら、83年にサルソウルからリリースしたシヴィル・アタックなるプロジェクトの唯一のアル ...

You Shouldn't-Nuf Bit Fish / George Clinton Capitol '83 70年代末からトラブルが相次ぎ、80年代初めには呆気なく一家離散してしまったPファンク軍団。何とかキャピトルとのディールを新たに取り付けるも、契約上の問題かパーラメント/ファンカデリックの名前を失った ...

Juicy Fruit / Mtume Epic '83 マイルス・デイヴィスのバンドにいたパーカッショニスト、ジェイムス・エムトゥーメイと、ギタリストのレジー・ルーカスが中心となり結成されたグループ、エムトゥーメイ。エムトゥーメイ=ルーカスのコンビは、自身のグループ活動と並行し ...

In Times Of Trouble / Trouble Funk D.E.T.T. '83 本作『In Times Of Trouble』は、シュガーヒルから出た『Drop The Bomb』に続いて83年にリリースしたアナログ2枚組大作。ライヴ・ミュージックたるGo‐Goの魅力をパッケージすべく、アルバム1枚はスタジオ録音、もう1枚 ...

Glad To Be Here / bernerd Edwards Atlantic '83 ヨーロッパ的に洗練されたダンス・オリエンティッドなファンク・サウンドで一世を風靡したシック。汗臭く泥臭いファンクを好む自分としては、汗の臭いのしないスマートなシックの音楽は正直なところあまり好みではないの ...

Style / Cameo Atlanta Artists '83 82年の『Alligator Woman』で、バンド・メンバーを12人から5人に削減する大リストラを敢行、そのユニークな個性と作品の質をキープしつつ、よりソリッドなファンク・サウンドを手に入れたキャメオ。続く本作『Style』で更に1人減らし4 ...

Feel The Music/Dayton Capitol '83 オハイオの大型ファンク・バンド、サンから分裂したメンバーを中心に結成されたバンド、デイトン。全米屈指のファンク・シティーの名を堂々冠したバンドだが、代表作となる本作『Feel The Music』はコテコテのオハイオ・ファンクではな ...

Urban Dancefloor Guerillas/P-Funk All Stars Uncle Jam '83 70年代に栄華を誇ったパーラメント/ファンカデリックも、80年代に入り空中分解。キャピトルに移籍し再起を図ったクリントンだが、ソロ名義でリリースした82年の『Computer Games』から、シングル「Atomic Dog ...

Ⅲ/Zapp Warner '83最近読んだ『Wax Poetics Japan』に掲載されていた、ザップのドラマー、レスター・トラウトマンのインタビュー記事。「ザップの1stと3rd、ロジャーの1stはドラムマシンは使っていない。すべて生ドラム。ザップの4thもほとんどが生ドラム」とのこと。ザ ...

↑このページのトップヘ