FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

タグ:1994

The Beatnuts Relativity '94 ジュジュとサイコ・レスのヒスパニック系コンビとして活動をスタートしたビートナッツ。その後、MCのファッション(アル・タリーク)を加えた3人組となり、他のアーティストへのトラック提供やプロデューサーとして活動。93年にはビートナッ ...

Fuck What You Think / Main Source Wild Pitch '94 名盤『Breaking Atoms』のみでプロデューサー/MCのラージ・プロフェッサーが脱退、必然的にそのまま解散・消滅かと思われたメイン・ソースだが、残されたKカット&サー・スクラッチの兄弟は新MCのマイキーDを迎えまさ ...

Illmatic / Nas Columbia '94 ヒップホップ黄金期を代表する歴史的名盤として名高いナズの1stアルバム『Illmatic』。影響力絶大なDr.ドレーのGファンクが全米を席巻し、世界的なスターになったスヌープをはじめ、セールス面でも西に押され気味だったイースト・コーストの ...

Funk Upon A Rhyme / Kokane Ruthless '94 NWA周辺から出てきてキャリアをスタートさせたコケインの1stアルバム『Funk Upon A Rhyme』。当時の西海岸はGファンクが猛威を奮っていたが、本作はGファンクのメイン・インフルエンスであるPファンクに肉迫している。アバヴ・ザ ...

Stress(The Extinction Agenda) / Organized Konfusion Hollywood Basic '94 ファロア・モンチとプリンス・ポエトリーの2MC、オーガナイズド・コンフュージョンの2ndアルバム『Stress(The Extinction Agenda)』。大傑作1st『Organized Konfusion』で特徴的だった、生っぽ ...

Everything Is Everything / Brand Nubian Elektra '94 ヒップホップ・クラシックとして名高い1st『One For All』のみで、グループの中心人物、グランド・プーバが脱退。残されたサダトXとロード・ジャマーの双頭体制で再スタートを切った新生ブランド・ヌビアンは、力作2 ...

Parliament Funkadelic P-Funk All Stars presents Dope Dogs P-Vine '94 パーラメント、ファンカデリック、Pファンク・オール・スターズの連名表記でリリースされた94年作『Dope Dogs』。当時は5枚連作未発表曲集や4枚組未発表ライヴ盤など、PヴァインのPはPファンクのP ...

Word...Life / O.C. Wild Pitch '94 ディギン・イン・ザ・クレイツの実力派MC、O.C.の1stアルバム『Word...Life』。バックワイルドやオーガナイズド・コンフュージョンがプロデュースした本作は90年代前半のヒップホップを代表する名盤のひとつ。O.C.のラップも相当カッコ ...

Come / Prince Warner Bros '94 ワーナーとの泥沼の闘争の果て、プリンスは自らの名前の封印を宣言、類稀なる才能で一世を風靡したアーティスト:プリンスは死に、その“遺作”としてリリースされたのが本作『Come』。本作の特殊な性格故か、アルバム全体に暗く沈んだトー ...

Hard To Earn/Gang Starr Chrysalis '94 ヒップホップ史上最も革新的なプロデューサーのひとり、DJプレミアと、MCのグールーによるコンビ、ギャング・スター。彼らのアルバムでは91年の『Step In The Arena』が初体験で、続く92年の『Daily Oparation』ともども愛聴してい ...

The Main Ingredient/Pete Rock & C.L. Smooth Elektra '94DJ、プロデューサーのピート・ロックと、MCのC.L.スムーズのコンビによる2ndアルバム。ソウル、ファンク、ジャズの偉大な遺産を掘り起こし、丁寧に磨きをかけて組まれたピートのトラックは、普段ヒップホップを聴 ...

The Black Album/Prince Warner '94個人的にプリンス初体験となったアルバム『Lovesexy』の直前に、リリースが予定されながらお蔵入りとなった本作『Black Album』。当時のことは何となく憶えているが、たしか発売日の数日前になって急遽キャンセルとなり、えらい騒ぎにな ...

↑このページのトップヘ