FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

タグ:2004

The Chocolate Invasion / Prince NPG '04 2004年に会員制ウェブサイト、NPGミュージック・クラブからダウンロードのみでリリースされたアルバム『The Chocolate Invasion』。元々は、2001年から2002年頃にNPGMCから単発で配信されていた楽曲を、後年になってアルバムとし ...

Waltz Of A Ghetto Fly / Amp Fiddler Genuine ’04 80年代末頃からPファンクに合流し、クリントンの『The Cinderella Theory』に大きく貢献したアンプ・フィドラー。兄(弟?)のバブスと組んだユニット、Mr.フィドラーとしてリリースした『With Respect』は今でもよく聴 ...

Van Hunt Capitol '04 ラサーン・パターソンの99年作『Love In Stereo』で半数近くの曲をプロデュースしていたヴァン・ハント。『Love In Stereo』はなかなかファンク色の強い傑作だったが、その中でもハントのプロデュース曲は特にファンクネスが色濃く滲んでいて、この ...

The Ghetto Symphony / Geno Young Native '04 ジーノ・ヤングはテキサス出身のネオ・ソウル系アーティスト。名門ハワード大卒後、エリカ・バドゥ『Mama's Gun』への参加などを経て、本作『The Ghetto Symphony』でデビュー(写真はPヴァイン盤のジャケット)。2010年には ...

Strength EP / The RH Factor Verve '04 ディアンジェロ『Voodoo』でのスモーキーなホーン・アレンジで強烈なインパクトを残し、R&Bリスナーにも名を知らしめたジャズ・トランペット奏者、ロイ・ハーグローヴ。『Voodoo』に大きな貢献を果たしたハーグローヴだが、彼自身 ...

Musicology/Prince Sony '044年ぶりのアルバム・リリースを目前に控え、殿下の近作を久しぶりに聴き返したりして勝手に盛り上がっているのだが、この『Musicology』も何年かぶりに聴いた。名前をプリンスに戻した2000年の『Raibow Children』は久々の傑作だったが、ついに ...

↑このページのトップヘ